「冬の硝子」フェア

  • Anjin

蔦屋書店2号館 2階 Anjinフロア

大切な人と過ごすクリスマス、家族で迎える新年、新しく大人への仲間入りを祝う成人式・・・
忙しい年の瀬から新年に掛けて、ワインやシャンパン、日本酒と、お酒を召し上がる機会も多い時期です。
特別なとき、あらたまった日常と、その人それぞの"大切なとき"を愉しむために、特別なグラスをあつらえてみませんか?
冬の氷をイメージするような切子硝子やガラス作家の1点もののグラス、冬の凛とした空気を伝える硝子の酒器など、クリスマスを過ごすとき、新年を迎えるときにぜひお使いいただきたい硝子製品をAnjinに集めました。 「冬の硝子」を見つけに、来て下さい。

また、フェア期間中、グラスによって同じ日本酒の味わいが変わることを体感できるグラステイスティングのセミナーを開催いたします。
なぜ、同じお酒でもグラスによって味の違いが生じるのか、グラスの作り手側と日本酒のプロのお二方を講師にお招きしてお話をお伺いします。

日時:11月30日(月)、12月17日(木)、1月12日(火)の3回、19:00~20:00

詳細、お申し込みは下記をご覧下さい。
2015年11月30日(月) :http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2015/11/post-11.html)
2015年12月17日(木) :http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2015/11/post-12.html)
2016年01月12日(火) :http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2016/01/post-13.html)

【プロフィール】
― glass atelier えむに ―
2003年 水上竜太とマエダミユキで「glass atelier えむに」 を福井県に設立
2003~2015年 各地で個展、企画展参加 多数

つくって、つかって、またつくる。
自分達が感じるガラスの面白さを共有できたら、
という想いで、日々制作を続けています。

― 鈴木 努 氏 ―
1979年 静岡県生まれ。
2000年 東京ガラス工芸研究所 卒業
2001年 EZRA BLOW GLASS 卒業
2001年~2009年 静岡、東京の工房にてアシスタントとして働く。
2010年 静岡を拠点にフリーで活動。
2015年 地元、静岡県周智郡森町に工房を構える。
毎年、都内を中心に展示会を開催。

― 木本硝子株式会社 ―
問屋という立場で80年以上もの間、常にマーケット動向を見据えてきた視座を生かし、
いまを生きる人々に親しまれる硝子製品には何が必要なのかを、
東京下町の手作り硝子工場や江戸切子の職人、デザイナーやクリエイターたちと組んで、
硝子製品の新しい世界観創造に努めている。


会期

定員

-

時間

9:00~26:00

場所

蔦屋書店2号館 2階 Anjinフロア

主催

Anjin

共催・協力

うつわ謙心、glass atlier えむに、鈴木努、木本硝子株式会社

問い合わせ先

03-3770-1900

会期

時間

9:00~26:00

場所

蔦屋書店2号館 2階 Anjinフロア

定員

-

主催

Anjin

共催・協力

うつわ謙心、glass atlier えむに、鈴木努、木本硝子株式会社

問い合わせ先

03-3770-1900

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。
メルマガ登録はこちら