代官山文学ナイト:平野啓一郎さんミニトーク&サイン会 平野啓一郎のなんでも質問箱「夜の部の始まりに」

  • 人文

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

※※※ご好評につき定員に達したため、参加受付は終了いたしました※※※

代官山 文学ナイトご出演常連の平野啓一郎さん。

最新刊『マチネの終わりに』は、不惑の40代前後の男女の、王道の恋愛小説です。

"天才ギタリストの蒔野と通信社記者の洋子は、出会った瞬間から強く惹かれ合った。
しかし、洋子には婚約者がいた。スランプに陥りもがく蒔野。人知れず体の不調に苦しむ洋子。
やがて、蒔野と洋子の間にすれ違いが生じ、ついに二人の関係は途絶えてしまう。
こんなにも愛した人と、なぜ別れなければならなかったのか――何度問うても、過去を巻き戻すことはできない。
互いへの愛を絶ちきれぬまま別々の道を歩む男女の人生が、再び交じり合う日はやってくるのか――。
数々の名曲とともに、美しい言葉の旋律が誘う至福の物語世界。
夢見るような読後感に酔い痴れる、平野啓一郎の最高傑作!"

当日、開場予定の18時30分からイベントスタートの19時までの間、イベント参加の皆様から平野さんへの質問を受付けます。会場に紙と鉛筆の用意がございます。
30分ほどのミニトークのあと、時間の許す限り、平野さんが皆様からの質問にお答えします。「恋愛相談、大歓迎!」とのことです。

店内でのイベントです。50分ほどのトークのあとサイン会となります。

【参加条件】
代官山 蔦屋書店 1号館1階レジカウンターもしくはお電話にて、ご予約を承ります。
『マチネの終わりに』(平野啓一郎 毎日新聞出版)をお買い上げになることが参加条件です。
オンラインストアでもお申込みいただけます。

『マチネの終わりに』の当店での発売日は4月9日(土)です。
イベント当日以前に店頭にて本と券のお受け取りご希望の方は、4月9日(土)以降でお願いいたします。
オンラインストアでお申込みの方も、発送は4月9日(土)以降となります。ご了承ください。


【お申込み方法】
店頭(1号館1階人文フロアレジカウンター)
お電話(03-3770-2525)
オンラインストア

【対象商品】
マチネの終わりに(毎日新聞出版 1836円/税込み)

【ご注意事項】
・参加券はお一人1枚とさせて頂きます。
・お一人で何回もサイン会列に並ぶことはできません。
・今回のサイン会ではすべて、書籍にお客様のお名前入れ(為書き)を致します。
・お名前入れのないサイン本はお断りさせて頂きます。
・サインは対象本のみです。古書の持ち込みはご遠慮ください。
・また色紙など、本以外の物へのサインは致しかねます。
・録音・撮影は禁止となっております。
上記をご了承の上ご参加くださいますよう、よろしくお願い致します。

【プロフィール】
平野啓一郎(ひらの・けいいちろう)
1975年愛知県蒲郡市生。北九州市出身。京都大学法学部卒。
1999年在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。
著書は小説、『葬送』『滴り落ちる時計たちの波紋』『決壊』(芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞)『ドーン』(ドゥマゴ文学賞受賞)『かたちだけの愛』『空白を満たしなさい』、『透明な迷宮』、エッセイ・対談集に『私とは何か 「個人」から「分人」へ』『「生命力」の行方~変わりゆく世界と分人主義』等がある。
2014年、フランス芸術文化勲章シュヴァリエを受章。

会期

定員

50

時間

19:00~20:00

場所

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

毎日新聞出版

問い合わせ先

03-3770-2525

会期

時間

19:00~20:00

場所

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

定員

50

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

毎日新聞出版

問い合わせ先

03-3770-2525

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。
メルマガ登録はこちら