【フェア】飯沼珠実 写真展「歌う建築を聴く - architecture singing」

  • 建築・デザイン

蔦屋書店2号館 1階 ブックフロア

代官山 蔦屋書店では、飯沼珠実写真展「歌う建築を聴く- architecture singing」を開催いたします。

飯沼珠実は、建築物を被写体に写真作品を発表してきました。
初の写真集『建築の建築/House of Architecture』(POST刊)には、上野の森の建築、国立西洋美術館(ル・コルビュジエ)や東京都美術館(前川國男)やその周辺の情景が映され、またふたりの建築家それぞれの自邸を切り取った写真が収録されています。

本展は京都岡崎 蔦屋書店で開催された同タイトルの展覧会を再構成した巡回展となります。
京都岡崎 蔦屋書店は、2016年1月にリニューアルした京都唯一の前川建築、ロームシアター京都(旧・京都会館)にオープンしました。

本展では写真集『建築の建築/House of Architecture』に収録された写真に加え、本展のためにロームシアター京都を撮りおろした作品が展示されます。
建築に注がれるまばゆい光、それをじっくりとみつめる飯沼の律動、建築の身体に触れそうで触れない独特の距離感はどこかこそばゆく、そして凛と上品に建築の顔を描きだしています。
飯沼珠実が魅せる建築世界をどうぞごゆっくりお楽しみください。

写真集『建築の建築/House of Architecture』(POST 刊)
写真:飯沼 珠実
プロジェクトディレクション:大西洋(shashasha Co. Ltd. 代表)
アートディレクション:田中義久
執筆:大島忠智(IDÉE バイヤー)、ティボ・ドゥ・ルイテ(建築家、キュレーター)、 富永譲(建築家、法政大学名誉教授)、飯沼珠実(アーティスト)
仕様:182mm×230mm 80ページ フルカラー
価格:3,600円+税
特典:蔦屋書店限定 サイン入りポストカード付き

【プロフィール】
飯沼珠実(いいぬま たまみ)
1983年東京都生まれ。
6年間に渡るドイツ・ライプツィヒ、フランス・パリ滞在を経て、2013年より東京芸術大学大学院博士後期課程在籍。
2016年には写真集「建築の建築/House of Architecture」(POST 刊)を出版。
個展に「Japan in der DDR」(motto Berlin/2016)、「三つ目の建築 - 書籍、住居そして森」(POST/2016)、「FROM LE CORBUSIER TO MAEAKAWA」(新宿ニコンサロン/2015)など。グループ展多数。

作家ホームページ: http://www.tamamiii.com

会期

定員

-

時間

7:00~深夜2:00(営業時間)

場所

蔦屋書店2号館 1階 ブックフロア

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

-

問い合わせ先

03-3770-2525

会期

時間

7:00~深夜2:00(営業時間)

場所

蔦屋書店2号館 1階 ブックフロア

定員

-

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

-

問い合わせ先

03-3770-2525

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。
メルマガ登録はこちら