【フェア】Bowie:Faces展 at 代官山 蔦屋書店

  • アート

蔦屋書店2号館 1階 ギャラリースペース

音楽・カルチャーシーンにおける伝説的な存在であり、ヴィジュアル・アートにも多大な影響を与えたデヴィッド・ボウイ。
ちょうど1月8日は、彼が生きていれば70歳の誕生日、1月10日は1周忌に当たります。

1月8日から英国V&A美術館企画による"David Bowie is"の巡回展が東京の寺田倉庫GIビルディングで開催されるにあたり、代官山 蔦屋書店、ブリッツ・ギャラリー、アクシス・シンポジアでも"Bowie:Faces"展を開催いたします。テリー・オニール、ブライアン・ダフィー、鋤田正義などの複数の有名写真家によるボウイの珠玉のポートレートや写真家とのコラボレート作品を紹介いたします。
オリジナルプリント(25,000円~)やプリント付の限定写真集、カタログなども特別販売。
CDのジャケットになっているアイコニックな写真も、額装された状態でご購入いただくことができます。ぜひご高覧ください。

Bowie:Faces展の公式サイト http://bowiefaces.com/

【主な参加写真家のプロフィール】
・ブライアン・ダフィー(Brian Duffy)(1933-2010)
ダフィーは、ロンドン出身のファッション・ポートレート写真家。
70年代にデヴィッド・ボウイと5回の撮影セッションを行っています。
ジギー・スターダスト(Ziggy Stardust)1972年、アラジン・セイン(Aladdin Sane)1973年、シン・ホワイト・デューク(Thin White Duke)、ロジャー(間借人)(Lodger)1979年、スケアリー・モンスターズ(Scary Monsters)1980年、です。
特にアラジン・セインは有名で、"ポップ・カルチャーにおけるモナリザ"とも呼ばれています。
写真家ダフィーの名前を知らない人でもこの写真は見たことがあるでしょう。
2013年夏、ロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館で開催されたデヴィッド・ボウイの展覧展"David Bowie is"では、メイン・ヴィジュアルにアラジン・セインのセッションでのボウイが目を開いたアザーカットが使用され話題になっています。

・テリー・オニール(Terry O'Neill)(1938-)
オニールは、ロンドン出身。初期のザ・ビートルズやローリング・ストーンズ、そしてハリウッド映画のスターたちの秀逸なポートレートで知られる世界的な写真家です。
1973年、テリー・オニールはデヴィッド・ボウイのジギー・スターダストとしての最後のパフォーマンスに選ばれた招待客の一人となります。
ザ・マーキーで開催された公演はテレビの特別番組として収録され、テリー・オニールはこの模様のすべての瞬間を撮影します。
この歴史的な音楽パフォーマンス以来、約30年以上にわたり二人は共に仕事を行うことになります。
テリー・オニールが関わった多くのボウイのヴィジュアルは、彼のキャリア上で最もアイコン的なヴィジュアルです。 映画"地球に落ちてきた男"のセット、"ヤング・アメリカン"の録音スタジオでの撮影、辛子色のイエロー・スーツを着た有名作、ウィリアム・バロウズとのツーショット、グレートデーン犬との"ダイヤモンド・ドッグス"などまで、テリー・オニールは常に天才ボウイのキャリア上の重要な瞬間にカメラを向けていました。

・鋤田正義(Masayoshi Sukita)(1938-)
福岡県生まれ。
写真家としてドキュメンタリーからファッション、広告、映画、音楽まで幅広く活動。
デヴィッド・ボウイと深い親交があり、約40年以上にわたり彼を撮り続けています。特に"ヒーローズ(Heroes)"1977 年、のジャケット写真は有名です。この写真は"ザ・ネクスト・デイ"2013年、でも使用されています。主な作品集には David Bowie の"氣"や"Speed of Life"、T.Rex の"T-REX 1972"、忌野清志郎"SOUL"、"YMO×SUKITA"などがあります。2012 年には、東京都写真美術館で"SOUND& VISION"展を開催。近年はロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館の"David Bowie is"展への参加をはじめ、ロンドン、パリ、ボローニャ、メルボルン、NY などで写真展を相次いで開催。
2017年もベルリン等で写真展を予定しています。

会期

定員

-

時間

7:00~深夜2:00(営業時間)

場所

蔦屋書店2号館 1階 ギャラリースペース

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

"Bowie:Faces"実行委員会

問い合わせ先

03-3770-2525

会期

時間

7:00~深夜2:00(営業時間)

場所

蔦屋書店2号館 1階 ギャラリースペース

定員

-

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

"Bowie:Faces"実行委員会

問い合わせ先

03-3770-2525

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。
メルマガ登録はこちら