【トークイベント】理研BSI 20th Anniversary
代官山 蔦屋書店で つながる∞脳科学
第4回 写真家 石内都×理研BSI 宮脇敦史

  • 人文

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

理化学研究所 脳科学総合研究センター(以下、理研BSI)の創立20周年を記念して、「つながる∞脳科学@代官山 蔦屋書店」を開催いたします。

第4回 「レンズを通した世界と私」
身体を構成する細胞と、そこで作られ、働くタンパク質。
顕微鏡の下に広がるミクロの世界の現象を、美しい蛍光の光で可視化する研究者、宮脇敦史。
身体や物に刻まれた時間に光を当て、記憶の痕跡を一枚の写真に映し出す写真家、石内都。
まったく異なる分野にいる二人の共鳴と反発を期待した異色の対談です。

【参加条件】
代官山 蔦屋書店にて、イベント参加券1,500円(税込)のご予約、もしくはご購入いただいた先着70名様にご参加していただけます。

【お申込み方法】
以下の方法でお申込みいただけます。
① 代官山 蔦屋書店 店頭(1号館1階レジ)
② オンラインストア
③ お電話 03-3770-2525(人文フロア)

【対象商品】
イベント参加券1,500円(税込)

【ご注意事項】
*参加券1枚でお一人様にご参加いただけます。
*イベント会場はイベント開始の15分前からで入場可能です。
*当日の座席は、先着順でお座りいただきます。
*参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承くださいませ。
*止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。

【プロフィール】
石内 都(いしうち・みやこ)
写真家。群馬県桐生市生まれ。
初期三部作で街の匂い、気配、空気をとらえ、同い年生まれの女性の手と足の作品「1・9・4・7」以降、身体にのこる傷跡シリーズを展開。79年第4回木村伊兵衛写真賞受賞。
05年母の遺品シリーズ「Mother's 2000-2005 未来の刻印」ヴェネチア・ビエンナーレ日本代表展示。
08年広島原爆資料館に収蔵されている遺品を作品化した個展「ひろしま Strings of Time」発表、写真集を出版。09年第50回毎日芸術賞受賞。
13年メキシコの女性画家フリーダ・カーロの遺品を撮影した「Frida by Ishiuchi」をRmより出版。
14年ハッセルブラッド国際写真賞受賞。15年ロサンゼルス J・ポール・ゲッティ美術館にて個展「Postwar Shadows」を発表。
16年「幼き衣へ」「Frida is」個展、「フリーダ 愛と痛み」「写真関係」を出版。
17年12月 個展「肌理と写真」横浜美術館で開催予定。

宮脇 敦史(みやわき・あつし)
1961年、岐阜県生まれ。慶応義塾大学医学部卒業。大阪大学大学院医学系研究科博士課程修了。
東京大学医科学研究所助手、カリフォルニア大学サンディエゴ校研究員などを経て、1999年より理化学研究所 脳科学総合研究センター(BSI)に勤務。2008年からは副センター長を兼務。
専門はバイオイメージング。藤原賞受賞、島津賞受賞など多数受賞。趣味は階段昇降。
会期

定員

70名

時間

19:00~

場所

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

理化学研究所 脳科学総合研究センター

問い合わせ先

03-3770-2525

会期

時間

19:00~

場所

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

定員

70名

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

理化学研究所 脳科学総合研究センター

問い合わせ先

03-3770-2525

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。
メルマガ登録はこちら