【トークイベント】代官山文学ナイト:穂村弘×及川賢治トークショー『暗黒グリム童話集』刊行記念

  • 人文

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

※※※ご好評につき定員に達したため、参加受付は終了いたしました※※※

6人の人気作家×人気画家による夢の競演。あの名作童話を大胆に変奏した新作小説と個性あふれる絵で贈る、怖くて美しい、大人のための新グリム童話集!

「手なし娘協会」村田喜代子・文 × 酒井駒子・絵
「あめふらし」長野まゆみ・文 × 田中健太郎・絵
「BB/PP」松浦寿輝・文 × 及川賢治(100%ORANGE)・絵
「ヘンゼルとグレーテル」多和田葉子・文 × 牧野千穂・絵
「ラプンツェル」千早茜・文 × 宇野亞喜良・絵
「赤ずきん」穂村弘・文 × ささめやゆき・絵

本書『暗黒グリム童話集』(オールカラー200P/3,024円税込み/講談社)の刊行を記念し、「赤ずきん」を書かれた穂村弘さんと、「BB/PP」の挿画を描かれた100%ORANGEの及川賢治さんをお招きして、ミニトーク&サイン会を開催いたします。

店内でのイベントです。50分ほどのミニトークのあとサイン会となりますが、チケットは、ミニトークのみ参加できる券と、書籍をお買い上げいただきトーク後のサイン会にも参加できる券がございます。下記参加方法をお読みください。

【参加条件】
2017年3月1日(水)朝7時より、代官山 蔦屋書店 1号館1階レジカウンターもしくはお電話にて、ご予約を承ります。
トークショーのみのご参加券(1,000円税込み)、または、トークショー+サイン会に参加できる『暗黒グリム童話集』付きのご参加券(3,500円税込み)をお買い上げになることが参加条件です。
サイン会では穂村さんと及川さんのWサインが入ります。
オンラインストアでもお申込みいただけます。

『暗黒グリム童話集』の当店での発売日は3月30日(木)です。イベント当日以前に店頭にて本付きのご参加券ピックアップをご希望の方は、3月30日(木)以降でお願いいたします。
オンラインストアでお申込みの方も、発送は3月30日(木)以降となります。ご了承ください。

【お申込み方法】
店頭 (1号館1階 人文フロアレジカウンター)
お電話 (03-3770-2525)
オンラインストア

【対象商品】
ミニトークのみ参加できる券 (1,000円税込)
『暗黒グリム童話集』付きでミニトーク後のサイン会にも参加できる券 (3,500円税込)

【ご注意事項】
・参加券はお一人1枚とさせて頂きます。
・お一人で何回もサイン会列に並ぶことはできません。
・今回のサイン会ではすべて、書籍にお客様のお名前入れ(為書き)を致します。
・お名前入れのないサイン本はお断りさせて頂きます。
・サインは対象本のみです。古書の持ち込みはご遠慮ください。
・また色紙など、本以外の物へのサインは致しかねます。
・録音・撮影は禁止となっております。
上記をご了承の上ご参加くださいますよう、よろしくお願い致します。

【プロフィール】
穂村 弘(ほむら・ひろし)
1962年、北海道生まれ。歌人。1990年、1990年、歌集『シンジケート』でデビュー。その後、短歌のみならず、エッセイ、評論、絵本、翻訳など幅広い分野で活躍。2008年、短歌評論集『短歌の友人』で伊藤整文学賞、連作『楽しい一日』で短歌研究賞を受賞。
著書に、歌集『ラインマーカーズ』『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』、エッセイ『世界音痴』『にょっ記』『絶叫委員会』『君がいない夜のごはん』『もしもし、運命の人ですか。』『ぼくの短歌ノート』『蚊がいる』『鳥肌が』『野良猫を尊敬した日』など多数。

及川賢治(おいかわ・けんじ)
1975年、千葉県生まれ。100%ORANGEとして、イラスト、漫画、広告、本の装画等、幅広く活躍。2008年『よしおくんがぎゅうにゅうをこぼしてしまったおはなし』で日本絵本賞大賞受賞。著書に『ぷぅさんのブー』『ひとりごと絵本』『まるさんかくぞう』『ねこのセーター』などがある。

会期

定員

50名

時間

19:00~

場所

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

講談社

問い合わせ先

03-3770-2525

会期

時間

19:00~

場所

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

定員

50名

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

講談社

問い合わせ先

03-3770-2525

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。
メルマガ登録はこちら