【トークイベント】『羽永光利 一〇〇〇』刊行記念トークイベント 椹木野衣×松本弦人×青山秀樹

  • アート

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

羽永光利は、1950年代後半から1980年代にかけて日本の社会が大きく移り変わっていく激動の時代を潜り抜け、その生涯をかけて膨大な数の写真を残しました。戦後日本が様々な矛盾と社会問題を抱える時代において、羽永は弱者や辺境の人々の視点からシャッターを切り、前衛芸術、アンダーグラウンド劇場、イベント、公害問題、学生運動、舞踏、コミューン活動など多岐に渡る現場の写真を記録し続けました。近年、10万点にもおよぶ膨大な写真群の全貌が明らかになるにつれ、時代の目撃者という写真家像にとどまらず、「羽永光利は、撮影とは現場へ介入するラディカルな行為であると証明した芸術家だ」と再発見され、国内外から熱い注目を集めています。

刊行を記念して、本作の被写体に詳しい美術批評家の椹木野衣さんと、1000頁の巨大な文庫本作品集「一〇〇〇文庫」シリーズの発行人であるグラフィックデザイナーの松本弦人さん、羽永光利の展示企画を手掛けて来たギャラリー青山|目黒代表の青山秀樹さんによる、「一〇〇〇文庫」そして「羽永光利 一〇〇〇」がどのように制作されてきたのかをお話しするトークイベントを開催いたします。

【参加条件(参加費)】
代官山 蔦屋書店での、一〇〇〇文庫シリーズいずれか(3,996円/税込)もしくはトークイベント参加券(1,000円/税込)のご予約、もしくはご購入でご参加いただけます。

【お申込み方法】
以下の方法でお申込みいただけます。
①代官山 蔦屋書店 店頭(2号館1階レジ)
②お電話 03-3770-2525 アートフロア
③オンラインストア

【対象商品】
『羽永光利 一〇〇〇』 (3,996円/税込)
『町口覚 一〇〇〇』  (3,996円/税込)
『東京TDC 一〇〇〇』  (3,996円/税込)
『中平卓馬 一〇〇〇』 (3,996円/税込)
『宇川直宏 一〇〇〇』 (3,996円/税込)
トークイベント参加券  (1,000円/税込)

【ご注意事項】
*書籍もしくはチケットのご購入でお一人様にご参加いただけます。
*参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承くださいませ。
*止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。

【プロフィール】
椹木野衣 (さわらぎ・のい)
美術批評家。主な著作に『増補シミュレーショニズム』(ちくま学芸文庫)、『日本・現代・美術』(新潮社)、『戦争と万博』(美術出版社)、『後美術論』(同、第25回吉田秀和賞)、『アウトサイダー・アート入門』(幻冬舎)ほか。「日本ゼロ年」展(水戸芸術館)、「釜山ビエンナーレ2016」でキュレーターを務める。現在、多摩美術大学美術学部教授、芸術人類学研究所所属。
ツイッターアカウント @noieu

松本弦人 (まつもと・げんと)
グラフィックデザイナー。「一〇〇〇文庫」発行人。「DeSs」主宰。「BCCKS」CCO。DTP黎明期からデザインの枠を超えた活動に取り組む。近年はBCCKSのコンセプト設計とともに、「一〇〇〇本」「パーソナライズドブック」などの紙と電子の複合メディアを多数手がける。ADC賞、TDC賞、Multimedia Grand Prix、日本ソフトウェア大賞、The Best Interactive Awards 他、受賞多数。

青山秀樹 (あおやま・ひでき)
現代アートギャラリー「青山|目黒」代表。大学では心理学を専攻。学生の頃にフランス近代美術を扱う画廊でアルバイトをして以来、退職、転職を繰り返すも美術商の道へ。2007年中目黒-祐天寺に現住所にてギャラリースペースを開業。国内外のアートフェアや展示企画に参加するほか、最近では住宅や店舗、オフィス、「タラサ志摩ホテル&リゾート」等のコーディネートも手掛ける。
会期

定員

70名

時間

19:30~21:00

場所

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

一〇〇〇BUNKO

問い合わせ先

03-3770-2525

会期

時間

19:30~21:00

場所

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

定員

70名

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

一〇〇〇BUNKO

問い合わせ先

03-3770-2525

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。
メルマガ登録はこちら