セルゲイ・ポルーニン写真展 

  • 代官山 北村写真機店

代官山 北村写真機店

セルゲイ・ポルーニン写真展
The Beginning of a Journey in Daikanyama

パルコ出版からの写真集『The Beginning of a Journey:Project Polunin』の発刊と、
ドキュメンタリー映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン世界一優雅な野獣』の公開を記念して、
写真家ハービー・山口によるセルゲイ・ポルーニン写真展『ビギニング・オブ・ジャーニー』を開催します。
史上最年少でロイヤル・バレエ団のプリンシパルとなったにもかかわらず、わずか2年で退団をしたセルゲイ・ポルーニン。
その、セルゲイに密着し撮影したのは数々のミュージシャンやアーティストを撮り続ける写真家ハービー・山口氏。
ステージで踊る姿はもちろん、練習風景やリラックスしたオフショットなど、
表現者として様々な表情をみせるポルーニンの姿をご覧いただけます。

今回の写真展は7月23日まで渋谷スペイン坂GALLERY X BY PARCOにて開催されていた写真展の一部を
代官山 北村写真機店に会場を変えての開催です。
展示されている写真は受注生産にて販売をしています。
(写真展終了後、額装しハービー氏のサインを入れた上で郵送いたします。詳しくは店頭スタッフまで)
また、写真集のほか、2Lプリント付写真集。
オリジナルのTシャツ・トートバック・マグカップも展示販売しています。ぜひ、あわせてご覧くださいませ。
一部商品はWEBでも販売中です。  

セルゲイ・ポルーニン
1989年、ウクライナ・ヘルソン生まれ。4歳から体操を始め、9歳でキエフ国立バレエ学校に入学。2003年、13歳でルドルフ・ヌレエフ財団の後援を受け英国ロイヤル・バレエスクールに入学。2006年にローザンヌ国際バレエコンクールで金賞を受賞。2009年19歳でロイヤル・バレエの史上最年少男性プリンシパルとなるも、人気のピーク2012年に突如退団した。
2014年写真家デイビット・ラシャペルが監督し、ホージアのヒット曲「Take Me To Church」にあわせて踊ったビデオがYouTubeで話題になり(2,000万回以上再生)ポルーニンを知らなかった人々も熱狂の渦に巻き込んだ。
その後、スティーブン・カンター監督による自身のドキュメンタリー映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』(日本公開2017年7月15日)への出演。
俳優としてケネス・プラナー監督、ジョニーデップ主演の映画『オリエント急行殺人事件』(日本公開2017年12月予定)
ジェニファー・ローレンス主演の『Red Sparrow』(全米公開2018年3月予定)
レイフ・ファインズ監督によるヌレエフの伝記映画『The White Crow』(2017年夏より製作開始予定)への出演も決定している。

また、ダンサーたちを支援する組織"プロジェクト・ポルーニン"を立ち上げ、その初演を2017年3月ロンドンのサドラーズ・ウェルズ劇場で行った。

ハービー・山口
1950年東京都出身。中学2年生で写真部に入る。大学卒業後の1973年にロンドンに渡り10年間を過ごす。一時期、劇団に所属し役者をする一方、折からのパンクロックやニューウエーブのムーブメントに遭遇し、デビュー前のボーイ・ジョージとルームシェアをするなど、ロンドンの最もエキサイティングだった時代を体験する。そうした中で撮影された、生きたロンドンの写真が高く評価された。帰国後も福山雅治など、国内アーティストとのコラボレーションをしながら、常に市井の人々にカメラを向け続けている。写真発表の傍ら、エッセイ執筆、ラジオ、テレビのパーソナリティー、さらには布袋寅泰のプロジェクト「ギタリズム」では作詞家として参加している。

著作・写真集
『代官山17番地』アップリンク
『雲の上はいつも青空』玄光社
『良い写真とは?』スペーシュシャワーネットワーク
受賞歴:2011年度日本写真協会賞作家賞
大阪芸術大学客員教授 九州産業大学客員教授
会期

定員

時間

場所

代官山 北村写真機店

主催

代官山 北村写真機店

共催・協力

株式会社パルコ 有限会社アップリンク イルフォード・ジャパン株式会社

問い合わせ先

03-5728-3958

会期

時間

場所

代官山 北村写真機店

定員

主催

代官山 北村写真機店

共催・協力

株式会社パルコ 有限会社アップリンク イルフォード・ジャパン株式会社

問い合わせ先

03-5728-3958

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。
メルマガ登録はこちら