【イベント】『母性のディストピア』(集英社)刊行記念宇野常寛さんトーク&サイン会

  • 人文

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

宮﨑駿、富野由悠季、押井守といった戦後アニメーションの巨人たちの達成と限界から、日本の戦後の精神史への批評を試みた、著者の新たな代表作にして戦後サブカルチャー論の決定版の大著『母性のディストピア』(集英社)が刊行されます。
これを記念し、批評誌「PLANETS」編集長、著者の宇野常寛さんをお招きしてトークイベントを開催いたします。
東京での単独トーク、じっくりお話を伺える貴重な機会、ぜひご参加ください。

【参加条件】
下記のいずれかをご予約、ご購入の先着70名様にイベント参加券をお渡しいたします。
・『母性のディストピア』(集英社刊/2999円税込)+参加券セット 3,200円
・トークイベント参加券 1,500円

【お申込み方法】
以下の方法でお申込みいただけます。
・店頭 (1号館1階 人文フロア)
・お電話 03-3770-2525 (人文フロア)
・オンラインストア

【対象商品】
・『母性のディストピア』(集英社刊/2999円税込)+参加券セット 3,200円
・トークイベント参加券 1,500円

【ご注意事項】
*参加券1枚でお一人様にご参加いただけます。
*イベント会場はイベント開始の15分前からで入場可能です。
*当日の座席は、先着順でお座りいただきます。
*参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承くださいませ。
*止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。

【プロフィール】
宇野 常寛 (うの・つねひろ)
1978年生まれ。評論家。批評誌〈PLANETS〉編集長。
著書に『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)、『日本文化の論点』(筑摩書房)、石破茂との対談『こんな日本をつくりたい』(太田出版)、『静かなる革命へのブループリント この国の未来をつくる7つの対話』(河出書房新社)など多数。企画・編集参加に「思想地図 vol.4」(NHK出版)、「朝日ジャーナル 日本破壊計画」(朝日新聞出版)など。京都精華大学ポピュラーカルチャー学部非常勤講師、立教大学兼任講師。

会期

定員

70名

時間

19:00~21:00

場所

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

PLANETS

問い合わせ先

03-3770-2525

会期

時間

19:00~21:00

場所

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

定員

70名

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

PLANETS

問い合わせ先

03-3770-2525

イベントに申し込む

オンラインストアでの受付は2017/12/17(日)午前9時の受注分までとさせていただきます。

※配送の無い商品 *1 のオンラインストアでの受付は、クレジットカードでのみ承っております。
 代金引換でのご注文はキャンセルとなりますのでご注意ください。
*1 参加券のみ及び店頭にてお渡しの商品は配送がございません。

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。
メルマガ登録はこちら