【イベント】TOGA-WERK No.25: ARCHIVES 刊行記念トークイベント

  • アート

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

※※※ご好評につき定員に達したため、参加受付は終了いたしました※※※

デザイナー古田泰子氏によるブランド「TOGA(トーガ)」の設立20周年を記念して、長年にわたり、写真家鈴木親氏が撮影してきたTOGAの膨大なイメージを素材に、テセウス・チャン氏の伝説的雑誌『WERK(ヴェルク)』の最新号が誕生しました。

本書は、これまでの『WERK』同様、手作業による造本のフィニッシュで一冊ずつが異なるユニークなアートピースです。

『TOGA-WERK No.25: ARCHIVES』刊行を記念してのスペシャルトークイベントの開催が決定!!
この貴重な機会をお見逃しなく!!

<登壇者>
古田泰子(TOGAデザイナー)、鈴木親(写真家)+スペシャルゲスト(予定)
 ※スペシャルゲストにつきまして、スケジュールの都合により不参加となりました。

■関連フェアはこちら
【フェア】TOGA-WERK No.25: ARCHIVES

【参加条件(参加費)】
代官山 蔦屋書店にて
①イベント参加券 ¥1,080(税込)
②『TOGA-WERK No.25: ARCHIVES』 ¥11,880(税込)
のいずれかをご予約、もしくはご購入いただいた先着70名様がご参加いただけます。

【お申込み方法】
・店頭(アートフロア)
・お電話 03-3770-2525(アートフロア)
・オンラインストア


【対象商品】
①イベント参加券 ¥1,080(税込)
②『TOGA-WERK No.25: ARCHIVES』¥11,880(税込)

【ご注意事項】
*参加券1枚でお一人様にご参加いただけます。
*イベント会場はイベント開始の15分前から入場可能です。
*当日の座席は、先着順でお座りいただきます。
*参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承くださいませ。
*止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。

【プロフィール】
TOGA (トーガ)
デザイナーは古田泰子。エスモードジャポン/エスモードパリでファッションデザインおよびパターンを学ぶ。1997年、TOGAを立ち上げ、自身のはじめてとなるブランドが東京を拠点にスタートする。2005年に発表の場をパリへ、2014年にはロンドンへと移す。現在、ショーによる発表を続けるメインコレクションTOGAの他、靴ラインTOGA PULLA SHOE、プレコレクションTOGA PULLA、メンズウェアTOGA VIRILIS、直営店だけに並ぶ一点ものラインTOGA PICTAがある。
www.toga.jp

鈴木 親 (すずき・ちかし)
1972年生まれ1998年渡仏。
雑誌Purpleにて写真家としてのキャリアをスタート。
Purple(仏), ID(英), Hobo(加),IANN(韓),honeyee.com(日), commons&sense(日), Libertin/DUNE(日)等の国内外の雑誌から、IsseyMiyake, TOGA, cebit, GUCCI等のコマーシャル、よしもとばなな著の「どんぐり姉妹」(2011年,新潮社)での撮り下ろし, KOHH, 水曜日のカンパネラのジャケット写真等
http://chikashisuzuki.net/

WERK (ヴェルク)
2000年にテセウス・チャンが創刊したシンガポール発のインディペンデント・ヴィジュアル誌。以来、類い稀な造本のアイディアとテクニックで印刷物の常識を根底から覆し続けている。その手法は、雑誌の紙をバーナーで焦がす、蛍光塗料をスプレーする、大きな穴を開ける、折りたたまれた紙や手作業で作られた紙のパッチワークを表紙に施すなど、どれも型破りで手の込んだものばかりである。
www.werkmagazine.com
会期

定員

70名

時間

19:30~21:00

場所

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

株式会社トーガ アーカイブス

問い合わせ先

03-3770-2525

会期

時間

19:30~21:00

場所

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

定員

70名

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

株式会社トーガ アーカイブス

問い合わせ先

03-3770-2525

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。
メルマガ登録はこちら