【イベント】『なぜ政治はわかりにくいのか 社会と民主主義をとらえなおす』(春秋社)刊行記念 西田亮介×宮台真司トークイベント

  • 人文

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

「政治は自分と関係ない」「どうせ投票しても状況は変わらない」......。昨今、そんな声が聞かれます。政治は、なぜこれほど縁遠くなってしまったのでしょうか。
メディア、教育、憲法などのテーマを横断しつつこの問題を論じた『なぜ政治はわかりにくいのか 社会と民主主義をとらえなおす』(春秋社刊 2,052円/税込)の発売に際し、著者の西田亮介さんが、師にあたる社会学者の宮台真司さんとともに、熱いトークを繰り広げます。どんな話が飛び出すのか、乞うご期待。

【参加条件】
代官山 蔦屋書店にて、下記いずれかをご購入いただいた方がご参加いただけます。
①書籍『なぜ政治はわかりにくいのか 社会と民主主義をとらえなおす』+イベント参加券のセット(2,500円/税込)
②イベント参加券(1,500円/税込)

【お申込み方法】
・代官山 蔦屋書店 店頭(1号館1階人文フロアレジカウンター)
・お電話(03-3770-2525 1号館1階人文フロア)
・オンラインストア

【ご注意事項】
*対象書籍の発売は1月24日予定です。発売後のお渡し(オンラインストア予約の場合は配送)となります。
*参加券1枚でお一人様がご参加いただけます。
*イベント会場はイベント開始の15分前から入場可能です。
*当日の座席は、先着順でお座りいただきます。
*参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承くださいませ。
*止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。

【プロフィール】
西田 亮介(にしだ・りょうすけ)
1983年生まれ。社会学者。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授。博士(政策・メディア)。専門は公共政策の社会学。情報と政治、情報化社会のジャーナリズム、無業社会等を研究。慶應義塾大学総合政策学部卒業。同大学院政策・メディア研究科修士課程修了。同後期博士課程単位取得退学。(独)中小機構経営支援情報センターリサーチャー、立命館大大学院特別招聘准教授などを経て、現職。著書に『不寛容の本質』『メディアと自民党』『マーケティング化する民主主義』『ネット選挙とデジタル・デモクラシー』『ネット選挙』ほか。編著書に『統治を創造する』(塚本健司氏との編著)、編書に『民主主義〈一九四八-五三〉中学・高校社会科教科書エッセンス復刻版』。共著書に『無業社会』(工藤啓氏との共著)ほか。

宮台 真司(みやだい・しんじ)
1959年仙台市生まれ。社会学者。首都大学東京教授。東京大学大学院博士課程修了(社会学博士)。
権力論、国家論、宗教論、性愛論、犯罪論、教育論、外交論、文化論などの分野で多数の著書がある。
最近の著作には「14歳からの社会学」「〈世界〉はそもそもデタラメである」「正義から享楽へ」ほか、
『どうすれば愛しあえるの:幸せな性愛のヒント』(二村ヒトシ氏との共著)『子育て指南書 ウンコのおじさん』などがある。
会期

定員

70名

時間

19:00~21:00

場所

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

春秋社

問い合わせ先

03-3770-2525

会期

時間

19:00~21:00

場所

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

定員

70名

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

春秋社

問い合わせ先

03-3770-2525

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。
メルマガ登録はこちら