【イベント】Technics Presents 宮本貴奈ピアノトリオ・スペシャルJAZZライヴ

  • Anjin
  • 音楽

蔦屋書店2号館 2階 Anjinフロア

2018年に創業100周年を迎えるPanasonic。
音と人との関係を大切に思い、音楽を愛するすべての人々に
音楽の感動を提供し続けているTechnics(テクニクス)が
JAZZライヴをお届けいたします。

日米を拠点に、最も国際的に活躍している女性ピアニスト宮本貴奈が、
日本ジャズ界の精鋭プレイヤーを率いて最上のピアノトリオをお送りします。

アメリカ在住時に培った、約20年というキャリアの中で、数々のジャズ・アワードを受賞。
アトランタでは連続してベスト・ミュージシャンに選出され、グラミー賞にノミネートされたこともある、 音楽家の演奏をお楽しみください。

また、ご参加の皆様へ、パナソニック株式会社の創業者である松下幸之助氏生誕の地である和歌山県の地酒をご用意しております。
「紀伊国屋文左衛門」を味わいながら聴く、JAZZはいかがでしょうか。

Technics(テクニクス)
Panasonicの音・音楽の感動を創造する高級オーディオブランドです。
http://jp.technics.com/
大吟醸「紀伊国屋文左衛門」
紀州和歌山の銘酒「長久」。その長久の特定酒銘柄 「紀伊国屋文左衛門」。
和歌山を代表する豪商である紀伊国屋文左衛門、 その名前を借りて名付けられた銘柄です。
酒米の王様と呼ばれている「山田錦(兵庫県産)」を自家精米で米の芯になるまで磨きあげ、 蒸した米を低温でじっくりと発酵させることで、 洗練された香りと味わいを米の芯から引き出した、杜氏の業が冴える逸品です。
日本人のきめ細やかさが生んだ「國酒」たる所以が納得できるほどの上品さを持つ、最高峰の大吟醸酒です。

■演奏者
 宮本 貴奈 ・・・Piano
 楠井 五月 ・・・ Bass
 石若 駿  ・・・Drums

■入場料金
 2,500円(飲食料は別途)

■予約方法
 ・店頭 (3号館2階 音楽フロアレジカウンター、2号館2階 Anjinレジカウンター)
 ・お電話 (Anjin 03-3770-1900)

【イベント参加に際しての注意事項】
 ・録音、録画、写真撮影等の行為は禁止とさせていただきます。
 ・当日は係員の指示に従いください。係員の指示及び注意事項に従わずに生じた事故に関して、主催者側は一切の責任をおわないものとします。
 ・イベント当日、諸事情によりイベント自体が中止となる場合がございます。
 ・当日の事故、混乱防止のため、制限を設けさせていただくことがございます。

【プロフィール】
宮本 貴奈 (Takana Miyamoto)・・・ピアノ
日米を拠点に国際的に活動する、ピアニスト、作曲家。
アメリカ(Boston, New York, Atlanta)に18年、英国(Oxford)に1年在住。
コンサート、レコーディング、作曲、編曲、プロデュース、映画音楽、教育活動等、約30ヶ国に渡って幅広く音楽活動を展開している。結城市出身、結城紬親善大使。
米バークリー音楽大学、映画音楽&ジャズ作曲学科卒。ボストン、ニューヨークでの活動を経て、2001年アトランタに拠点を移し、ジョージア州立大学ジャズ教育学科修士課程卒、同大学講師。
2003年音楽界での実績により、米国永住権取得。ジョージア日米協会名誉会員に任命される。

全米ランディエドマンジャズピアノ大会優勝、「アトランタベストジャズアーティスト」(2年連続)、「ライジングスターピアニスト」「ジョージア州で最も影響力のある女性100人」、「ジョージア州で最も影響力のあるアジア人25人」他、受賞。
1998年より5年間、ニーナ・フリーロン(Vo)のワールドツアーに参加、ピアノ・編曲・音楽監督を担当したアルバム「Soulcall」は、2001年グラミー賞二部門でノミネート。カーク・ウエイラム(Sax/グラミー受賞)&宮本貴奈「ミレニアム・プロミス」はビルボード全米5位にチャートイン。ダニエル・ホー(Vo/Ukl/グラミー6回受賞)2010年日本ツアー音楽監督。
その他、TOKU ,リズ・ライト等、多数のアーティストと国際的にコラボレーションを展開。
アルバムプロデュース、映画音楽、NHK音楽担当も手掛け、幅広く活躍中。

楠井 五月 (Satsuki Kusui)・・・ベース
1985年5月16日、北海道旭川市生まれ。
幼少期にエレクトーン、中学からエレキベースを演奏し、法政大学ジャズスタディクラブに入部後、ポール・チェンバースに憧れコントラバスを弾き始める。
井上陽介氏に師事し、在学中より、プロとして演奏活動を開始。ジャズの伝統に根ざした強靭なスウィングビートでバンドサウンドを固める。
2011年より、辛島文雄(P)トリオ、奥平信吾(Ds)、谷口英治(Cl)、松島啓之(Tp)各氏のバンドや他多数のセッションで活動中。
Vladimir Shafranov(P)を始めとして、海外ミュージシャンの来日公演のサポートも数多く勤める。自身のバンド「ピアノトリオG」での活動も精力的に行っている。

石若 駿 (Shun Ishiwaka)・・・ドラム
1992年北海道清里町生まれ。札幌市出身。
幼少からクラシックに親しみ、13歳よりクラシックパーカッションを始める。
2002年~2006年まで札幌ジュニアジャズスクールに在籍し本格的にドラムを演奏し始め、その間ハービー・ハンコック(P)、日野皓正(Tp)、タイガー大越(Tp)に出会い、多大な影響を受ける。2004年、日野皓正クインテットLive(六本木Alfie)にゲスト出演。
2006年8月,日豪交流派遣事業により、シドニー・オペラハウスにて演奏。
12月、日野皓正Special Quintetのメンバーとして、札幌でライヴを行う。2007年、金澤英明(B)、石井彰(P)とトリオを結成し、ツアーを行う。
三笠宮寛仁親王主催の「愛のコンサート」に出演し、日野皓正、渡辺香津美(G)、山下洋輔(P)等と共演。
2008年3月、ボストンバークリー音楽院タイアップの「グルーヴ・キャンプ」を受講し、「バークリーアワード」を受賞。2009年夏、奨学生としてバークリー音楽院に留学。
横浜ジャズプロムナードコンペティションにて数々の賞も受賞。ブルーノート出演。

会期

定員

-

時間

Open 19:00~ / Start 20:00~

場所

蔦屋書店2号館 2階 Anjinフロア

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

Panasonic

問い合わせ先

03-3770-2525 (代官山 蔦屋書店 音楽フロア)
03-3770-1900 (代官山 蔦屋書店 Anjin)

会期

時間

Open 19:00~ / Start 20:00~

場所

蔦屋書店2号館 2階 Anjinフロア

定員

-

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

Panasonic

問い合わせ先

03-3770-2525 (代官山 蔦屋書店 音楽フロア)
03-3770-1900 (代官山 蔦屋書店 Anjin)

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。
メルマガ登録はこちら