【イベント】映画「東の狼」公開記念スペシャルトークショー

  • 映像

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

奈良県東吉野村を舞台に、幻の狼を追い続ける孤高の老ハンターの生きざまを、 名優・藤竜也主演で描いた『東の狼』が遂に公開!映画作家・河瀨直美がエグゼクティブ・プロデューサーを務め、キューバ出身の新鋭カルロス・M・キンテラがメガホンをとったこの作品の公開を記念して藤竜也、大西信満のお二人の出演者にご登壇いただき、撮影の裏話などを語っていただくスペシャルなトークショーです。

【参加条件】
参加費無料ですが、ご予約が必要なイベントです。
お申し込みいただいた先着50名様がイベントにご参加いただけます。

【お申込み方法】
以下の方法でお申し込みいただけます。
・代官山 蔦屋書店 店頭(1号館2階 映像フロア)
・電話 03-3770-2525(1号館2階 映像フロア)

【ご注意事項】
・いかなる事情でも整理券の再発行はできませんのでご注意ください。
・本券は1枚につき御一人様のご入場となります。
・混雑状況により、立ち見となる場合があります。
・当日イベント開始時刻までに御来店がない場合は整理券は無効となります。
・店内は撮影禁止です。イベント中の撮影・録画はご遠慮ください。
・係員の指示及び注意事項に従わず生じた事故につきましては、主催者側は一切の責任を負わないものとします。
・止むを得ず中止、内容変更になる場合がございます。

【プロフィール】
藤 竜也(ふじ・たつや)
日活「望郷の海」でデビュー。主な出演作に「野良猫ロック」「愛のコリーダ」。
上海国際映画祭では「村の写真集」で最優秀主演男優賞受賞。
近年では北野武監督作「龍三と七人の子分たち」で話題を集める。
2018年公開の「チェン・リャン」(日中仏合作)のほか、映画2作品が撮影待機。

大西 信満(おおにし・しま)
2003年 主演映画「赤目四十八瀧心中未遂」にてデビュー。
同作にて、毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞、日本映画批評家大賞新人賞を受賞。
代表作に「実録・連合赤軍-あさま山荘への道程」、「キャタピラー」、「さよなら渓谷」など。
河瀨直美監督作「光」にも出演。2 0 1 8 年5月、瀬々敬久監督作「友罪」の公開を控える。
会期

定員

50名

時間

19:30~20:30

場所

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

奈良県

問い合わせ先

03-3770-2525

会期

時間

19:30~20:30

場所

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

定員

50名

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

奈良県

問い合わせ先

03-3770-2525

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。
メルマガ登録はこちら