【フェア】「桜咲く。まだ知らない京都へ。」

  • 人文
  • 建築・デザイン
  • 料理
  • 旅行

代官山 蔦屋書店

■「そうだ 京都、行こう。」×蔦屋書店・蔦屋家電各店コンシェルジュが提案する、あなたのまだ知らない京都。
京都に桜の季節がやってきます。
今年の「そうだ 京都、行こう。」2018年春のCMの舞台となった"勧修寺"は、京都・山科にある隠れた桜の名所です。

今読みたい京都の本や、話題の京都発の雑貨や食品。清水焼きまで。
「桜咲く。まだ知らない京都へ。」をテーマに、蔦屋書店コンシェルジュがとっておきの京都をご紹介します。
勧修寺が表紙になったJR東海オリジナルクリアファイルや、京都旅のお得な情報が詰まったパンフレットも無料配布します。
京都の空気を感じに、ぜひ遊びにいらしてください。

■代官山 蔦屋書店 各フェア
当店書籍フロアでは様々なフェアを開催します。

<1号館1階 人文フロア 「源氏物語で楽しむ日本の恋と香り」>
京都御所の近くで300年以上続く老舗の「松栄堂」のお香をご紹介。
「空蝉」「初音」といった源氏物語54帖の巻名をモチーフとして調合されたお香や、平安時代の文様の香立てなどを扱います。
その他にも国宝『源氏物語絵巻』の複製や、当時の香料・香道具をご紹介。
この機会に平安の美しい京都の文化にふれてみるのはいかがでしょうか。

-松栄堂
https://www.shoyeido.co.jp/

<2号館1階 建築デザインフロア 「アップデートする街」>
古さと新しさが同居する街、京都。
伝統を重んじる気質を今なお色濃く残しながら新しいカルチャーを生み出し続ける、
唯一無二の存在感を放つ個性的なショップをご紹介します。ここから新しい京都がきっと見えてきます。

【参加店舗】
-三三屋(みみや)
http://www.groovisions.com/mimiya/

-Community Store TO SEE
http://t-o-s-e-e.jp/

-le murmure(ミュルミュール)
http://lemurmure.net/

-VOU(ぼう)
http://voukyoto.com/

<3号館1階 料理フロア「おうちの京ごはん」>
季節のうつろいを食卓でたっぷり愉しみます、おうちの京ごはん。
基本となる食材や本をご用意しました。今年の花見には"和の甘いもん"も手づくりしませんか。

<・3号館1階 旅行フロア「山科で、見て買って味わう1日」>
山科に工房を構える清水焼の窯元と、フランスのデザイナーが共に作りあげた焼き物。
生活に寄り添う器を手づくりする陶芸家夫婦。
昔ながらの地釜炊きで丁寧に仕上げる飴匠。
知る人ぞ知る京都の穴場、「山科」の魅力をご紹介します。

【参加店舗】
-丈夫窯
http://joubugama.co.jp/

-トキノハ
http://tokinoha.jp/

-京都 飴匠さわはら
http://www.kyoame.co.jp/

■Anjinでオリジナルメニューをご提供
今回のフェアを記念し、期間限定で春の京都を連想させるオリジナルメニューをご提供いたします。
・桜ラテ 950円
 桜の紅茶を使用した自家製シロップと薫り高い丸山珈琲のエスプレッソを合わせた、オリジナルラテ。
・桜と抹茶のタルト 800円
 京都「伊藤柳櫻園茶舗」の抹茶を使用した生地に桜のムースと甘酒のジュレを乗せた三層で、"京都に咲く桜"を表現したタルト。

・春の京都セット(ラテとタルトのセット) 1,500円

■「あたり」チケットで、「そうだ 京都、行こう。」オリジナルドリンクプレゼントキャンペーン
都内の対象店舗で「万城目学が巡る、春の通な京都旅。」冊子を無料配布しています。
冊子表紙についている、チケットのスクラッチを削って「あたり」が出たら、京都岡崎 蔦屋書店 2階の京都モダンテラスに、チケットを持ってお越しください。オリジナルドリンク1杯と交換させていただきます。
(対象店舗:代官山 蔦屋書店、二子玉川 蔦屋家電、中目黒 蔦屋書店、銀座 蔦屋書店、TSUTAYA TOKYO ROPPONGI)

会期

定員

-

時間

7:00~深夜2:00(営業時間)

場所

代官山 蔦屋書店

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

東海旅客鉄道株式会社

問い合わせ先

03-3770-2525

会期

時間

7:00~深夜2:00(営業時間)

場所

代官山 蔦屋書店

定員

-

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

東海旅客鉄道株式会社

問い合わせ先

03-3770-2525

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。
メルマガ登録はこちら