【イベント】赤木明登『二十一世紀民藝』刊行記念 二夜連続トークショー ゲスト第一夜:山口信博/第二夜:鞍田崇

  • 人文

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

このたび、美術出版社より赤木明登さんの新刊『二十一世紀民藝』が刊行されます。輪島で活動される塗師であり、「民藝」「工藝」そして「もの」と「美」にかかわる多くの著作を世に送り出している赤木さん。代官山 蔦屋書店では『二十一世紀民藝』の刊行を記念して、著者二夜連続トークイベントを開催いたします。
第一夜「デザインと工藝のあいだで」のゲストは、グラフィックデザイナーの山口信博さん。第二夜「自然の素っ気なさと、器の親しさについて」では哲学者の鞍田崇さんをゲストに迎え、工藝のこと、デザインのことなど、様々に語っていただきます。

<赤木明登さんより>
1977年に日本の職人仕事を見てまわったレヴィ=ストロースは、その特殊性について問われて、次のように答えている。「西洋においては、労働とは人間が神との接触を失ったために額に汗して自らのパンを稼がねばならぬという一種の『罰』なのです。ところが日本では逆に、労働を通じて神との接触が成り立ち、維持され、保ちつづけられる」と。だから日本はスゴイということではなく、きっと西洋の工人たちもかつては労働に神との出会いを見出していたはず。ただ器をつくる工人が、どのようにして「神」と出会うのか。そしてその「神」とは何者なのか。「美しいもの」がやって来る道を辿りながら考えてみる。

【参加条件】
下記いづれかをご購入のお客様に参加券をお渡しいたします。
商品ページにて第一夜(5月21日)か第二夜(5月22日)どちらかお選びいただき、ご購入下さい。
・『二十一世紀民藝』(美術出版社)+イベント参加券(3,592円/税込)
・イベント参加券 (1,000円/税込)
※二日間通しの参加券はございません。各参加券をお求めください。

【お申込み方法】
店頭(1号館1階 人文フロア レジカウンター)
お電話(03-3770-2525)
オンラインストア

【対象商品】
・『二十一世紀民藝』(美術出版社)+イベント参加券(3,592円/税込)
・イベント参加券(1,000円/税込)

【ご注意事項】
*参加券1枚でお一人様にご参加いただけます。
*イベント会場はイベント開始の30分前から入場可能です。
*当日の座席は、先着順でお座りいただきます。
*参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承くださいませ。
*止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。
*録音・撮影は禁止となっております。
上記をご了承の上ご参加くださいますよう、よろしくお願い致します。

【プロフィール】
赤木 明登 (あかぎ・あきと)
塗師(ぬし)。1962年岡山県生まれ。中央大学文学部哲学科卒業後、編集者を経て1988年に輪島へ。輪島塗の下地職人・岡本進のもとで修行後、1994年に独立。現代の暮らしに息づく 生活漆器「ぬりもの」の世界を切り拓く。1997年にドイツ国立美術館「日本の現代塗り物 十二人」展、2000年に東京国立近代美術館「うつわをみる暮らしに息づく工芸」展、2010年に岡山県立美術館「岡山 美の回廊」展、2012年にオーストリア国立応用美術 博物館「もの-質実と簡素」展に出品。著書に『美しいもの』『美しいこと』『名前のない道』(ともに新潮社)、『漆 塗師物語』(文藝春秋)、共著に『毎日つかう漆のうつわ』(新潮社)、 『形の素』(美術出版社)、『うつわを巡る旅』(講談社)ほか。

山口 信博 (やまぐち・のぶひろ)
グラフィックデザイナー。1948年千葉県生まれ。コスモPRを経て1979年山口デザイン事務所設立。現在、有限会社山口デザイン事務所代表。折形デザイン研究所主宰。俳句結社『澤』同人。
代表的な仕事に住まいの図書館出版局『住まい学大系』全100冊のデザイン、SD選書のリニューアルデザインなどがある。著書に『白の消息』(ラトルズ)、『つつみのことわり』(折形デザイン研究所)、共著に『日本民藝館へいこう』(新潮社)ほか。

鞍田 崇 (くらた・たかし)
哲学者。明治大学准教授。1970年兵庫県生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。地球規模での環境・社会変化をふまえ、新たな社会と暮らしの形を問う。
著書に『民藝のインティマシー「いとおしさ」をデザインする』(明治大学出版会)、共著に『フードスケープーー私たちは食べものでできている』(アノニマ・スタジオ)、『「生活工芸」の時代』(新潮社)ほか。

会期

定員

70名

時間

19:00~

場所

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

美術出版社

問い合わせ先

03-3770-2525

会期

時間

19:00~

場所

蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース

定員

70名

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

美術出版社

問い合わせ先

03-3770-2525

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。
メルマガ登録はこちら