代官山 -THE HERITAGE 2018-

  • 代官山 T-SITE

代官山 T-SITE

今秋で4回目になる「代官山 -THE HERITAGE-」を開催いたします。
HERITAGEとは、「伝統」や「こだわり」、「後世に残す遺産」をあらわす言葉です。
クラシックカーは、その代名詞ともいえるでしょう。
秋晴れの空の下、今年も100台を超えるクラシックカーがやってきます。
間近でご覧いただけるこの機会に、ぜひ代官山へお越しください。

※18日(木)26時から19日(金)18時まで、代官山 蔦屋書店 駐車場はご利用いただけません。
ご来場の際は、公共交通機関をご利用くださいませ。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


La Festa Mille Miglia


La Festa Mille Miglia 2018 in 代官山 T-SITE
2018.10.19 fri 12:15頃~13:45頃
代官山 T-SITE 駐車場



イタリアのクラシックカーの祭典「ミッレミリア」の日本版
「La Festa Mille Miglia(ラ・フェスタ・ミッレミリア)」が、代官山 T-SITEにやってきます。
私達が2012年からサポートさせていただいている恒例のクラシックカーラリー、今年も100台を超える ヴィンテージカーが代官山 T-SITEを走り抜けます。
代官山 T-SITEは、原宿明治神宮をスタートして最初のチェックポイント。
この日だけは、代官山 T-SITE 駐車場がLa Festa Mille Miglia 2018の会場となり、 ラリー参加の車が、次々に代官山 T-SITEへ入場して、PC競技に挑戦します。

走るクラシックカーが、一度にたくさん見られる貴重な機会です。
沿道と違って駐車場内では比較的ゆっくりと走るため、その姿をじっくり楽しめます。
小さなお子様も大歓迎です。ぜひ手旗を振って、ご一緒に応援してください。

時間を重ねたものだけがもつ気高い美しさを是非ご堪能ください。

詳細はこちら

Daikanyama Car Life


Daikanyama Car Life×代官山 蔦屋書店
2018.9.26 wed~10.31 wed
代官山 蔦屋書店 2号館1階 クルマフロア

クルマに乗ってどこへ行く
クルマに何を着て乗る
クルマのレースで走る
クルマをメンテナンスする
クルマに乗って集まる
クルマ映画を観る
クルマを描く
クルマの歴史を知る
クルマ小説を読む
クルマで音楽を聴く
クルマを鑑賞する

19世紀にクルマが誕生して以来、私達の様々なライフスタイルシーンにクルマは登場します。
実用的な移動を目的に造られたクルマは姿かたちを変え、多様なライフスタイルの要素を持つこととなりました。
代官山 蔦屋書店では"カーライフスタイル"として、乗るだけではないクルマの楽しみ方をご提案いたします。

- 関連イベント -

櫻井 朋成 作品展 エリオグラビュール"LEGEND MOTORS"
2018年09月25日(火)-10月31日(水) 蔦屋書店2号館 1階 クルマフロア
櫻井 朋成 作品展 エリオグラビュール"LEGEND MOTORS"
2018年09月25日(火)-10月31日(水)
蔦屋書店2号館 1階 クルマフロア

わたせせいぞうクラシックカーを描く トークイベント&サイン会
2018年10月09日(火) 蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
わたせせいぞうクラシックカーを描く トークイベント&サイン会
2018年10月09日(火)
蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース



DAIKANYAMA
THE HERITAGE

期間:2018年09月25日(火)-10月22日(月)

人 文

100年100冊

1号館1階 旧山手通り側フェアスペース
書かれて100年近く、あるいは100年以上たっても読まれている本おすすめ50冊と、現代売れている本で「これは100年後も読み継がれているといいなあ!」と思える本50冊をセレクト。一号館一階の、100年100冊です!

つながる日本のものづくり「双円」の器
~ TOOLの100年から MOODの100年へ ~

1号館1階 旧山手通り側フェアスペース
「1つのプロダクトが持つ"かたち"を、別の素材で"かたち"にしたら。」 日本のものづくりのシェアが「双円」の器 からはじまりました。
双円は、好きな形を、好きな素材で、 衣食住に纏わる全てをシェア・デザインして、暮らしに気づきを与えてくれます。
暮らしのTOOL(道具)としての進化を遂げてきた今までの100年から、 多様なMOOD(気分、雰囲気)にも寄り添うものへと進化させる次の100年へ。
これから100年続いてほしいプラットフォームです。

アート

WORKWEAR

2号館1階 アートフロア
ワークウエアは1800年代から作られ、 炭鉱の仕事をする方などを中心に着用され、現代の定番アイテムにまでなっています。その歴史とワークウエアが、今のガーメンツの原型となっています。 ワークウエアはどの時代も廃れず、普遍的です。

建築・デザイン

ART DECO
1920年代から始まるレトロモダン

2号館1階 建築・デザインフロア
社会や生活が大衆化へと急速に変化していった20-30年代、この時代に最盛したのがアール・デコです。機能的で装飾的なデザインは、後進に影響を与え続けています。現代の基盤がつくられた、20年代から60年代の広告を中心にヴィンテージ品を集めました。誕生から100年を迎えるアール・デコの広がりをお楽しみください。

雑 誌

MONOCLEの世界

2号館1階 マガジンストリート
電子メディアが普及して久しいこの時代、あえて「紙媒体」にこだわった雑誌、『MONOCLE』。
「紙媒体」そのものが、この先も無くなることのない「ヘリテージ」と考えた私たちは、 さらに独自のレンズを通して世界中の洗練されたモノ・コトを紹介する『MONOCLE』から、次代に受け継がれるであろう良品を皆様にお届けします。

音 楽

アナログレコードで「音楽」と向き合う

3号館2階 音楽フロア
日々の生活の中で、音楽が「ながら」になっていませんか?デジタルには代えられない、包み込むような暖かみ。大きくてひと際映えるジャケットアート。どんなに時代が変わろうと、本当に良いものの価値は揺るがない。とっておきのアナログレコードにゆっくりと針をおとして、じっくりと「音楽鑑賞」はいかがでしょうか。

文 具

ロイヤルセランゴールプレゼンツ
装飾文様の世界

3号館1階 文具フロア
1885年創業、130年以上の歴史を持ち世界最大のピューター(錫を主成分とする合金)メーカーのロイヤルセランゴール社。
錫製品は、加工のしやすさによりデザイン性にすぐれ、日本では特に食器として好まれ、日本酒の味をさらに引き立てる効果もあります。
今回文具フロアでは大英博物館からの依頼で作成された歴史的な芸術価値のある文様を施した製品をご紹介します。アートとしても歴史を刻む最高級食器としてもぜひ一度お手にとってみてください。"

料 理

日日是好日
お茶の世界を知る

3号館1階 料理フロア
古くから伝わるお茶の作法は、とても複雑で、ひとつひとつの動作を覚えるのも精一杯。そんなふうに感じる方も多いでしょう。 一服のお茶は、お客さまへのこころからのおもてなし。お茶の世界には、四季を感じること、自然を受け止めること、美しさを愛おしむこと、儚さを嘆くこと、すべてが詰まっています。その豊かさに触れてみてください。

旅 行

愛しのハワイ ALOHA SPIRIT

3号館1階 旅行フロア
ハワイで交わす挨拶"ALOHA"には、すべてに愛を持って接し、神からの贈り物を分かちあうという意味が込められています。 アロハ・スピリットが育んだ大地の風味~パイナップル、リリコイ、タロイモ、マウイオニオンからつくられたハワイアンフーズ。 自然が美しい意匠として表現されたハワイアンジュエリー。
アロハシャツをリメイクして手づくりされた雑貨は、日常にパラダイスのエッセンスを与えてくれます。

映 像

これからも語り継がれるべき名優ふたり 高倉健と松田優作

1号館2階 映像フロア
今年ももうすぐ2人の命日がやってくる、今も、そしてこれからも語り継がれるべき名優ふたり、その名は高倉健と松田優作。日本映画界に残した功績と共にその魅力は、次の世代へも継承していかねばならない。多くの作品群を残したレジェンド2人を、今一度ご紹介いたします。

キッズ

子どもの心に灯をともす 赤羽末吉の世界

1号館2階 キッズフロア
1980年国際アンデルセン画家賞を日本人初受賞。 2020年生誕110周年デビュー60周年を迎える絵本作家赤羽末吉。
22歳で満州に渡り帰国後、墨絵のような日本の風土、湿潤を含んだ独特の「雪」の魅力を再発見し、1961年50歳『かさじぞう』デビュー。広大な大陸へのオマージュ『スーホの白い馬』等、伝統芸術への深い造詣や多彩な技法で古典や昔話を軸に、100冊以上の作品を遺しました。100年経ても読み継がれるべき新しく美しい赤羽末吉の世界をご堪能下さい。

会期

定員

時間

上記スケジュールをご参照ください

場所

代官山 T-SITE

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

FORZA

問い合わせ先

03-3770-2525

会期

時間

上記スケジュールをご参照ください

場所

代官山 T-SITE

定員

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

FORZA

問い合わせ先

03-3770-2525

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。
メルマガ登録はこちら