【フェア】“RISO.otd” .otd + Hand Saw Press

  • 建築・デザイン

蔦屋書店2号館1階建築・デザインフロア

グラフィック/エディトリアルデザイナーとして「.otd」を主催する大田拓未と武蔵小山にてインディペンデント・リソグラフスタジオを運営する「Hand Saw Press」は、リソグラフ印刷とデザイン・出版の関係に焦点を当てたフェア「RISO.otd」を開催します。

会場ではHand Saw Press設計・制作のオリジナル什器の中に所狭しとリソグラフを使い制作したZineやグッズが並びます。

会期の1ヶ月は、毎週のように新作商品の入荷も予定していますので、ぜひ何度も足をお運びいただけたら嬉しいです。

例えば、日本のローランド社が開発し一時期は完全に忘れられていたリズムボックス、TR-808。
これをサウスブロンクスのヤンチャな輩が弄りまくった結果、オールドスクールヒップホップが生まれたように、日本の理想科学がゼロックスコピーよりも安く印刷するために開発し、多くの学校や官公庁などに設置された簡易印刷機リソグラフが、2000年代に入って以降、世界中の若き才能たちにより、新しいアートワークの手法として、開発者すら想像もしなかったまさかの方向に向かい始めています。

一般的なオフセット印刷よりも精度は低いものの、蛍光色やゴールド等の独自のカラーインクの採用によるオーガニックで手触り感のあるリソグラフの仕上がりは、印刷を「商品」ではなく「作品」として昇華させるほどの魅力を放っています。
また、近年再評価されつつある活版印刷やシルクスクリーンと比べても、作業も数段軽便であり、かつ安価で制作可能。
加えデジタルデータで簡単に版が作れるということも、リソグラフの特徴として多くのアーティストに支持される理由です。

そんなリソグラフをベースとしたアートスタジオ/デザイン・オフィス/アトリエは、ヨーロッパやアメリカ西海岸を中心に、世界中に500ヶ所以上あると言われています。それらスタジオの多くは、単にフライヤーやポストカードの印刷を行うだけでなく、D.I.Y.的発想で独自の出版社を興し、アートブックやZine等のリリースによって、世界中のアートブックフェアを席巻しています。
また、あるスタジオでは、自身のアートワークを実現すべく、リソグラフを大胆に改造、オリジナルのインクも用いて、新たなアートの地平へと向かいつつあります。
また、情報発信の重要なツールとして、多くのオルタナティブスペースやアートギャラリーに基本設置され始めているのがこのリソグラフという機械。単なる印刷手法を越えた、アーティスト/デザイナー/ジンスタの武器として、この先、インディペンデントカルチャーの重要な要素となっていくことは間違いありません。

しかし、リソグラフの発祥の地にもかかわらず、ここ日本では、受注印刷としてのリソグラフ印刷は数あれど、アーティストが道具として自由にリソグラフを使うことはなかなか難しい状況が続いていました。しかし、2018年に入って、インディペンデントカルチャーの一角を担う形で、都内近郊を中心に、ポツポツとリソスタジオ/ギャラリーが誕生。
そのひとつが、武蔵小山をベースに活動をスタートしたhand saw pressです。
こちらは以前から個人でリソグラフ印刷を続けていた音楽系ライター/編集者であり、渋谷と武蔵小山に展開しているヴィーガンレストランなぎ食堂の店主・小田晶房、デザインムジカとしてファッションや飲食の店舗設計を行ないつつ、武蔵小山のシェアオフィス、スタジオ4を運営する安藤僚子、武蔵小山のジャークチキン屋アマラブの店主であり、建築家として住み開きを提唱する菅野信介の3人からなるチームです。
この先、出版事業はもとより、さまざまなインディペンデントアーティストの支援、ワークショップや雑貨制作等を行う予定です。

文=小田晶房(Hand Saw Press/なぎ食堂)

【プロフィール】
大田 拓未 (.otd)
グラフィック/エディトリアル・デザイナー。1988年東京都生まれ。都立工芸高等学校デザイン科、多摩美術大学造形表現学部デザイン学科卒業。デザイン事務所、出版社のデザイン部を経て2017年よりフリーランスのデザイナーとして活動を開始。現在はGINZA(マガジンハウス)デザインチームにも参加中。また、2009年よりTATA名義でのグラフィックアーティストとしての活動も続けている。
http://o-t-d.jp

Hand Saw Press
週末にジャークチキンを販売しながら、建築家としてシェアハウスの可能性も探る「アマラブ」の菅野信介、シェアオフィス「Studio 4」の運営と同時に、店舗設計を中心に演劇や科学展示などの空間構成まで手掛ける「デザインムジカ」の安藤僚子、「map」として書籍やCDをリリースしつつ、ヴィーガン食堂「なぎ食堂」で鍋を振る小田晶房の3人によるリソグラフ印刷所/レーベル/ワークスペース。
http://handsawpress.com

会期

定員

-

時間

7:00~深夜2:00(営業時間)

場所

蔦屋書店2号館1階建築・デザインフロア

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

-

問い合わせ先

03-3770-2525

会期

時間

7:00~深夜2:00(営業時間)

場所

蔦屋書店2号館1階建築・デザインフロア

定員

-

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

-

問い合わせ先

03-3770-2525

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。
メルマガ登録はこちら