【フェア】「小坂忠フェア in 代官山 蔦屋書店」~1枚のアルバムに刻まれた いくつもの物語~

  • 音楽

蔦屋書店3号館 2階 イベントスペース

昨年の11月26日 東京国際フォーラム ホールA にて、小坂忠の名盤「HORO」を作り上げたレジェンドな仲間たち、その遺伝子を受け継ぐ音楽家たちが集い、奇跡のような一夜限りのコンサートが開催されました。

その様子がwowowで3月17日に放送されます。

「HORO2018SPECIAL LIVE」のアナログ盤もリリースされ、発売から44年、今も数多くのファンやミュージシャンに強く愛される「HORO」と「小坂忠」を深掘りしていきます。

3月13日(水)~3月27日(水)までは音楽フロアにて小坂忠コーナー(CD/アナログ、Tシャツ、トートバックなど)を展開。
そして3月13日には、スペシャル企画としてトーク&ミニライブが急遽決定しました!
ゲストには、小坂の朋友であり、必要不可欠なギターリストである、鈴木茂氏、そして70年代から小坂を見続けてきた音楽評論家の田家秀樹氏を、お迎えします。

トーク&ミニライブには無料でどなたでもご参加いただけます。
また、フェア対象商品をご購入のお客様にはイベント終了後、サイン会を実施いたします。

【ご注意事項】
※入場は先着順です。
※席に限りがございますので、混雑する場合は一部入場を制限させていただく場合がございます。

【プロフィール】
小坂 忠
1948年7月 東京生まれ
1966年ロックグループ「ザ・フローラル」でデビュー。
1969年細野晴臣・松本隆らと「エイプリル・フール」結成。
1970年ロックミュージカル「HAIR」に出演。
1971年にソロデビューを果たすと、ティン・パン・アレーとレコーディングした和製R&Bの金字塔『HORO』(1975年)をはじめ多数の傑作を発表した。
1976年からはクリスチャンとしてゴスペルソングに軸足を移して活躍。
一方で、2000年、再びティンパンと活動を開始。
2001年11月 細野晴臣プロデュースによるアルバム「people」をリリース。
以後ポップシーンでも存在感を放っている。
2016年9月デビュー50周年を迎え、「let the good times roll!!」開催。
2017年8月、癌発覚。切除手術。
11月奇跡的な復活を遂げ、 元気にステージに戻ってきた。
2018年7月8日、70歳 古希を迎えた。

11月東京国際フォーラム にて「SONGS&FRIENDS 」小坂忠HORO開催。
小坂を愛する多くのミュージシャンが集い感動的なコンサートが開催された。
奇跡の一夜であり、既に伝説として人々の記憶に新しい。
そして、今 その歌声は年齢を重ねるごとに深みと輝きを増し、その眼差しは常に明日を見つめている。

鈴木 茂
1951年東京都生まれ
1969年<はっぴいえんど>に加入
1970年アルバム「はっぴいえんど」をリリース。3枚のアルバムを発表し<はっぴいえんど>は解散
1974年単身L.A.に渡りソロアルバム「BAND WAGON」を完成させる。
帰国後アルバムリリースに合わせ<鈴木茂&ハックルバック>を結成し、全国ツアーを行う。その後<ティン・パン・アレー>のメンバーとして数多くのセッション活動を重ね、ソロとしても7枚のアルバムを発表するかたわら、スタジオワーク、LIVEサポート、アレンジャー、プロデューサーとしても活躍2003年再び自らのBANDとして、<鈴木茂BAND>を結成、現在は<完熟トリオ>としてもLIVE活動に力を入れている。
また、自身のサウンドを表現するエフェクターを各種製作し、販売も行っている。

田家 秀樹
1946年千葉県船橋市生まれ
1969年、日本で最初のタウン誌「新宿プレイマップ」創刊編集者を皮切りに「セイ!ヤング」などラジオ番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て音楽評論家、ノンフィクション作家、ラジオ番組パーソナリテイ。
著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)、「70年代ノート」(毎日新聞)、「陽のあたる場所・浜田省吾ストーリー」(角川文庫)、「小説吉田拓郎・いつも見ていた広島~ダウンタウンズ物語」(小学館文庫)、「ビートルズが教えてくれた」(アルファベータブックス)など多数。放送作家としては「イムジン河2001」で民間放送連盟賞最優秀賞受賞。日本のロック・ポップスを創世期から見続けている一人。

会期

定員

-

時間

19:30~21:00(開場19:00)

場所

蔦屋書店3号館 2階 イベントスペース

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

企画・制作/日本コロムビアBetterDays project・GEN-PLANNING
協力/wowow・トラミュージック

問い合わせ先

03-3770-2525

会期

時間

19:30~21:00(開場19:00)

場所

蔦屋書店3号館 2階 イベントスペース

定員

-

主催

代官山 蔦屋書店

共催・協力

企画・制作/日本コロムビアBetterDays project・GEN-PLANNING
協力/wowow・トラミュージック

問い合わせ先

03-3770-2525

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。
メルマガ登録はこちら