あなたと家族の生活をデザインしていく、
お手伝いをします。

蔦屋家電には「コンシェルジュ」とよばれる専門スタッフが在籍しています。
写真、ネットワーキング、音楽、映像、食、美容などの家電コンシェルジュたち、旅行やアート、建築、人文などのBOOKコンシェルジュたち・・・。専門的な知識を背景に生活提案をしていくプロ集団です。
彼らはお客様のご相談にお応えしたり、ご提案や商品選定、イベント開催など、売り場を動かしていく存在です。

家電コンシェルジュ

磯野 泰功
Yasunori Isono

プロフィール

前職はデザイン事務所で百貨店などの広告制作に携わり、食や雑貨、インテリアなど様々なデザインに触れセンスを磨く。お客様のライフスタイルをデザインできるコンシェルジュを目指して日々奮闘中。【担当:食】

食は生きることの基本です。そんな食だからこそ、質の良いものを手軽に。身体に良いものを美味しく。そんな食生活のお手伝いをしてくれるのが最新の食家電です。ワンランク上の生活を目指すのならまずは食生活を豊かにするのはいかがでしょうか?欲しいけど使い方が難しそう、実際どうやって使うんだろうなどの疑問点も蔦屋家電なら実演を交えてご説明いたします。

おすすめ家電

E6
jura(ユーラ)

スイス生まれの全自動エスプレッソマシンはお洒落なだけではないんです。独自の蒸らし機能が薫り高いアロマを作り出し、ふわふわなフォームドミルクが作れるスチーマーはお手入れも簡単。夏は氷を入れたグラスにエスプレッソを落として作るアイスコーヒーがおススメです。

間瀬戸 義幸
Yoshiyuki Masedo

プロフィール

陸上自衛隊としてイラクをはじめとした海外の情報インフラ整備事業に携わる。帰国後、経験を活かし情報通信のスペシャリストとして活動、現在に至る。「誰でも簡単に」をモットーにわかりやすい説明でお客様をサポート。【担当:ネットワーキング】

スマートフォンやタッチパネルのタブレットがライフスタイルの中心にある時代。「PCは使わないよ」という方もいらっしゃるかもしれません。でも考えてみて下さい。ゲームやショッピングのような娯楽要素こそ少なくなりましたが、学校やお仕事では必需品です。いざPCが必要になった時、わからないと不安ですよね。そんなときは私をお尋ねください。皆様が充実した学生生活、ビジネスシーンを創造できるように後押しいたします。

おすすめ家電

Pavilion Wave
Hewlett-Packard

デスクトップでありながらコンパクト。ファブリック素材の高級感あるデザインに加え、Bang&Olufsenとコラボしたスピーカーを採用。今ならOffice Home and Business搭載の限定モデルを数量限定でご用意しております。

石原 元気
Genki Ishihara

プロフィール

アパレルで接客を経験し、現在に至る。蔦屋家電という、今までにない生活提案空間に魅力を感じ、美容・健康の担当として、新しいライフスタイル提案と 生活を豊かにする商品提案に努める。
【担当:美容・健康】

モノがたくさん溢れている世の中ですが、その中でも本当によいものを取り揃え、お客さま一人ひとりに一番合ったご提案ができるよう心がけています。 じっくりお試しいただきながら、ご自身に一番合うものを、私たちコンシェルジュが一緒に選んでいく、というところに蔦屋家電の魅力があると思います。 家電と本を一緒に展開することで、購入した後のライフスタイルイメージが湧くような売り場になっています。お気軽にお立ち寄りいただき、生活を豊かにするヒントやきっかけを見つけていただければ嬉しいです。

おすすめ家電

PILO 音を奏でる快眠枕
soundario

人間工学に基づいた52面構造の美しい枕です。デザイン性に加え、フィット感も抜群です。スピーカー内臓でお好みの曲や、専用アプリで自然から採取した海や森の音源を聞きながら眠りにつくことができます。店頭では蔦屋家電独占販売にてご予約受付中。7/8からの発売となります。

佐藤 綾香
Ayaka Sato

プロフィール

前職では、iPhoneアクセサリやデジタルガジェットを紹介する動画制作に携わる。そこで得た知識を生かし、毎日がワクワクするような生活提案に努めている。
【担当:モバイル】

デジタルガジェットのおもしろさは、進化のスピードにあると思います。数年前まで未来の話だったものが商品化されたり、使い勝手のよくなかったものがどんどん便利になったりします。そのような進化を見ていると、本当にワクワクするんですよね。 私のいるモバイルフロアは、スマートフォンを通してそういった"ワクワク"を体験できる場所になっています。「見ているだけで楽しい」フロアづくりを心がけているので、ぜひふらりとお立ち寄りください。

おすすめ家電

アルティメット・ライトニング・マックィーン  Sphero

あのマックィーンがスクリーンから飛び出した!アプリに接続してマックィーンを操縦して遊んだり、『カーズ』の映画を一緒に観て、彼が映画に反応する姿を楽しむこともできますよ。デザインも本物さながらで、飾っておくだけでも絵になります。

宮澤 寛道
Hiromichi Miyazawa

プロフィール

DPEショップの店長として勤務し、写真が持つ魅力の虜になり、学校にて基礎を学び始める。その後、建築カメラマンとして従事し現在に至る。撮影のスタイルからプリントの楽しみ方まで幅広い提案を行う。
【担当:写真】

写真って本当に面白いんですよ!撮るのも楽しい、撮ったものを見るのも楽しい、更にはデコレーションして世界で一枚だけの写真を作るのはもっと楽しい。そんなわくわくする楽しさをより多くの方と共有できたらと思います。また、こどもと一緒に楽しむ「こどもカメラ」も展開しています。写真の魅力の一つに視点の違いの面白さがありますよね、それをこどもと一緒に楽しもうという提案です。僕もこどもと一緒によく写真を撮りますが、こどものほうが味のある写真を撮るんですよね、参ります。

おすすめ家電

PICTAR ONE/ピクターワン
miggo

誰がなんと言おうと、いざという時にパッと出してパシャっと撮れるのは、スマホなんです。その中でも、iPhoneを本格的なカメラにしてくれるアイテムがこちら。専用のアプリを通じて扱えるダイヤルが、使いやすくて手放せなくなります。夏の旅行のお供にいかがでしょうか。

武藤 理佳
Rika Muto

プロフィール

住まいと暮らし、食、旅、ランニングなどを領域に、編集者として約20年、雑誌・ムック・Webコンテンツに携わる。3時間切りを目前にした趣味のマラソンをする中で、食べものが自分の体をつくり、動かしていると実感する日々。
【担当:食】

美味しいものを食べたいと思ったら、いくらでも外で食べることができるのに、家でちゃんとごはんを作って食べたときのほうが美味しく感じ、会話も弾む...そう感じることって意外と多くありませんか? 生活を彩りよく、豊かにしてくれる「ちゃんとごはん」をもう一度。キッチンに立つのが楽しくなる家電や本、雑貨をそろえて、そんな気持ちを応援します。実際に触れたり、味わっていただけるような気軽で楽しいイベントも準備してお待ちしています。

おすすめ家電

三ツ星ビストロ NE-BS1400
Panasonic

共働き夫婦の力強い味方となりそうなオーブンレンジが登場!時短調理とおいしさを追求したビストロの新機種は、食品の温度上昇を検知するセンサーの精度が従来比1.5倍に。調理中に別の家事をしながらでも吹きこぼれの心配なく、おまかせ調理ができるようになりました。

Bookコンシェルジュ

柴田 あすか
Asuka Shibata

プロフィール

大学でプロダクトデザインを学んだ後、大学院修了。在学中より記録映像の研究・実践に取り組む。卒業後はフリーのカメラマンとして活動しながら、スタジオや映像制作会社に勤務。幼い頃憧れた書店員の職に就く。
【担当:デザイン】

デザインとの関わり方は人により様々ですが、私たちの暮らしの中にデザインは必ず側にあり、目に見えるもの、見えないもの含め、全ては私たちの日常を豊かに補ってくれる術だと思っています。そんな術を操って生み出されている様々なデザインのことを少しでも皆さまにお伝えできるように、デザインとの新たな出会いを見つけられる売場を目指しながら皆さまのご来店をお待ちしております!

おすすめ本

菓子の包み紙
甲斐みのり グラフィック社

甲斐さんが各地をめぐり、20年に渡って集めたコレクションの中から一品一品丁寧に紹介された包み紙愛に溢れた一冊。パッケージが素敵だと、買っても貰っても嬉しいもの。そんな"華やかで愛らしいハレのデザイン"をたっぷりとご覧頂けます。

北田 博充
Hiromitsu Kitada

プロフィール

出版取次会社に勤務し、本・雑貨・カフェの複合店舗を立ち上げマネージャーを務める。アパレル店、雑貨店、ホテルのライブラリーでブックディレクションも手がける。著書に『これからの本屋』がある。
【担当:人文】

本なんて読まなくても生きていけますが、本を読んでいるとたまにいいことがあります。そんな小さな「いいこと」を、少しでも多くの人に伝えることができればと思っています。一冊の本が人生を変える、なんて大げさなことではなく、一冊の本がその日の気分を変えたり、体感温度を変えたり、自らが発する言葉を変えたりする。そういった日々の暮らしをほんの少し豊かにする本をご用意して、みなさまのご来店をお待ちしております。

おすすめ本

『これからの本屋 』
北田博充  書肆汽水域

これからの本屋のあり方を考えるために、本屋の店主、フリーランス書店員などにインタビューをした本です。若い世代が新たな本屋ムーブメントを巻き起こしている韓国でも、4月に翻訳出版されました。朝日出版社刊『本の未来を探す旅ソウル』もオススメです。

大川 愛
Ai Ohkawa

プロフィール

書店・出版社で、主に実用書や絵本の担当を経験し、現在に至る。
本に囲まれている環境が、自らにとって自然と感じる。
【担当:食】

料理は、作ることも食べることも好き。心身の健康は、食べることで司られているという考えから、食の大切さを日々痛感しています。そして、食を通して、豊かな感性や感覚をも磨いていけると考えます。当店では、書籍のみではなく『食』に関連する雑貨や食品も同時展開しており、さまざまな発見のある売り場作りを目指しております。ぜひ、当店までお越しください。

おすすめ本

『あじフライを有楽町で』
平松洋子  文春文庫

美味しいお店や味を知ることは、幸せな事ですが、ある意味不幸なことかもしれません・・・。何故ならいつ何時、その味を求めたくなるのか分からないからです!平松洋子さんの小気味宵文章と、安西水丸さんのイラストの組み合わせは、罪深いほどにお腹が空いてくる訳です。

嵯峨山 瑛
Akira Sagayama

プロフィール

大学建築学科卒業後、大学院修了。専門は都市計画・まちづくり。大学院在学中にベルギー・ドイツに留学し建築設計を学ぶ。卒業後は、出版社やリノベーション事務所にて、編集・不動産・建築などの多岐の業務に関わる。
【担当:建築・インテリア】

建築をベースに様々な分野に関わってきて、空間は、ライフスタイル自体が表現される器であるということを感じています。ヨーロッパの多様な人びとと住まい方のある大らかな都市のなかで生活をして、その人にあったライフスタイルをご提案できれば、と思います。今回、建築やインテリアの棚では、実務者だけではなく、自分らしく住まいたい人びとにとって新しい発見のできる場所をご用意いたします。

おすすめ本

『片づけたい』
河出書房新社

古今の作家やエッセイストによる「片付け」に関する32の文章。「片付け」を切り口に多様な人生観が示されます。もちろん、この本を読んだからといって片づけができるようになるわけではないので要注意!