【イベント】鈴木晴香「夜にあやまってくれ」出版イベント

  • トーク
  • 人文・文学

蔦屋書店 3F ラウンジスペース

世界のどこを切り取るか、その一瞬をどう掴まえるか

【出演者】
鈴木晴香、岡野大嗣、タカギトオル、タケモトコウジ(MC)


【時間】
15:00~


【場所】
枚方 蔦屋書店3Fラウンジスペース


【料金】 
無料、要WEB予約

【イベント内容】
トークショー+サイン会。(トークショーのみの参加は無料、サイン会は対象書籍をご購入のお客様に限ります。)
書肆侃侃房が「若い歌人の歌集を世に出したい」と、情熱を持ち出版し続けた新鋭歌人シリーズ。
第28弾となる歌集は、鈴木晴香さん「夜にあやまってくれ」。
その出版記念イベントとして鈴木晴香さんご本人は勿論、第16弾「サイレンと犀」の作者である岡野大嗣さん、写真家のタカギトオルさんをお迎えし、短歌の可能性や短歌・写真の共通点等々を語って頂きます。
(MC:タケモトコウジさん)

【サイン会参加条件】
枚方 蔦屋書店にて鈴木晴香『夜にあやまってくれ』、岡野大嗣『サイレンと犀』(どちらも書肆侃侃房・税込1,836円)をご購入のお客様に限ります。(サインは書籍にのみ)
イベント当日は上記の書籍と、当店のご購入レシートを必ずご持参ください。

【出演者プロフィール】
鈴木晴香:
1982年東京生まれ。慶應義塾大学文学部英米文学専攻卒業。 塔短歌会所属。雑誌『ダ・ヴィンチ』の連載「短歌ください」への投稿をきっかけに短歌を始める。 2015年第五十八回短歌研究新人賞最終選考通過。 2016年京都大学東一条会Ton-Ichi Talkにて講演。栗が好き。
岡野大嗣:
1980年大阪生まれ。2011 年に短歌を始める。2014年、連作「選択と削除」30首で第57回短歌研究新人賞次席。同年、歌集「サイレンと犀」(書肆侃侃房)。2015年、朝日新聞「あるきだす言葉たち」に連作「ゆぶねさよなら」を寄稿。短歌をつくっていておもしろいのは、口ずさむと血が通い、温度が生まれること。大きな物語の網目からはこぼれてしまうできごとを慈しみ、うたう喜びのある短歌を残していきたい。
タカギトオル:
グラフィックデザイナー/フォトグラファー。デザイン事務所キスタヂオ代表。
通販会社ディレクターを経て1989年グラフィックデザイン会社キスタヂオ設立。
グラフィックデザイン業の傍ら、2007年よりOICP写真学校講師。同時に自身も写真作家活動を開始。電車内の人物、街や身のまわりの日常を切り取るスナップ写真で海外の写真コンペを中心に写真作家活動を続ける。

会期

定員

50名

時間

15:00~17:00

場所

蔦屋書店 3F ラウンジスペース

参加費

参加費無料 サイン対象本は下記の通り。
鈴木晴香「夜にあやまってくれ」
岡野大嗣「サイレンと犀」

申し込み方法

T-SITE HPよりWEB予約

主催

枚方 蔦屋書店

共催・協力

問い合わせ先

072-861-5700

会期

時間

15:00~17:00

場所

蔦屋書店 3F ラウンジスペース

参加費

参加費無料 サイン対象本は下記の通り。
鈴木晴香「夜にあやまってくれ」
岡野大嗣「サイレンと犀」

申し込み方法

T-SITE HPよりWEB予約

定員

50名

主催

枚方 蔦屋書店

共催・協力

問い合わせ先

072-861-5700

イベントスケジュール

ご予約の際は以下の手順でお申込みください。

複数名のお申込みの場合も、お一人ずつお申し込みください。

お申込み手順1

以下のイベント一覧より、ご希望のイベントをクリックしてください。

お申込み手順2

内容をご確認の上、「予約」ボタンをクリックし、必要事項を入力して、予約手続きを行ってください。

お申込み手順3

予約完了メールが届いたら完了です。当日会場へお越しください。

※スマートフォンの方は専用ページからカレンダーをご確認ください。
スマートフォンの方はこちら

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。
メルマガ登録はこちら