【イベント】「未来を拓こう~松下幸之助カレッジ2018 <全5回>」

  • セミナー
  • ワークショップ
  • ワークスタイル

蔦屋書店 4F イベントスペース

次の100年へ ~ 未来を拓く松下幸之助哲学

パナソニックが今年、創立100周年を迎えます。今も色あせない、万人にとっての成功を考えた創業者・松下幸之助氏のメッセージを、松下哲学の研究者と実践者があなたに贈ります。


第1講 魂は継承される ~ 松下幸之助を育てた人たち
3月24日(土)13時~15時 会場:枚方T-SITE4階 イベントスペース

<講師>
渡邊 祐介(Yusuke Watanabe)
PHP研究所 経営理念研究本部 本部次長
1986年筑波大学社会工学類卒業後、PHP研究所に入社。普及部門を経て、88年に出版部に異動し、多くの単行本制作に携わる。95年に研究本部に異動、松下幸之助関係書籍の編集プロデュースを手がける。98年から3年間、紀要『松下幸之助研究』を企画編集。2001年大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程(日本経済・経営専攻)に留学し、03年に修了、修士号(経済学)取得と同時に復職。松下理念研究部主任研究員、同研究部長、研究出版事業部長、研究企画推進部長を経て、16年から現職。経営哲学学会理事。企業家研究フォーラム幹事。著書に『ドラッカーと松下幸之助』(PHPビジネス新書)などがある。
<講座内容>
貧しく、身体も弱く、肉親とも早く死別するといった恵まれない少年時代、無名ながら市井の志ある人々がいかに少年・松下幸之助を育て、成功のヒントを伝えていったのか。未来に志を抱くことの大切さを説く魂の系譜。

第1講渡邊 祐介氏(松下講座).jpg

 


第2講 人には無限の可能性がある ~ 松下幸之助の成功哲学
4月8日(日)13時~15時 会場:枚方T-SITE4階 イベントスペース

<講師>
北 康利(Yasutoshi Kita)
作家 1960年名古屋市生まれ。東京大学法学部卒業後、富士銀行に入行。資産証券化の専門家として富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長などを歴任。2008年みずほ証券を退職し、本格的な作家活動に入る。近現代の歴史人物を生き生きと描くノンフィクションの第一人者。『白洲次郎 占領を背負った男』(講談社)で第14回山本七平賞受賞。『松下幸之助――"経営の神様"に学ぶ、人生の無限の可能性(子どもに語りたくなる偉人伝)』(KKロングセラーズ)、『松下幸之助 経営の神様とよばれた男』(PHP研究所)、最新刊『佐治敬三と開高健 最強のふたり』(講談社)ほか著書多数。
<講座内容>
わが国の歴史で"経営の神様"とよばれた唯一の人物は、どんな人生を歩み、そこからどんな哲学に行きついたか。人物評伝の名手・北康利氏が、まるで目の前に幸之助が現れたかのように、生き生きと語りつくす!

第2講北康利氏(松下講座).jpg

 

 

第3講 すべてがうまくいく ~ 松下幸之助・希望の哲学
4月28日(土)13時~15時 会場:パナソニックミュージアム

<講師>
佐藤 悌二郎(Teijiro Sato)
PHP研究所 専務執行役員
1980年慶應義塾大学文学部卒業後、PHP研究所に入社。 研究本部に勤務し、研究員としてPHP理念および松下幸之助の経営観の研究に従事するかたわら、関連書籍、カセットテープ集などの原稿執筆、編集、制作に携わる。その間、所長・松下幸之助を中心としたPHP理念研究会に出席し、PHP理念をまとめる作業を行なう。89年から『松下幸之助発言集』(全45 巻)編纂グループに主担当として参加、93年に完成させる。 2002年第一研究本部(現・経営理念研究本部)本部長。14年専務取締役。17年から現職。西武文理大学特命教授、企業家研究フォーラム理事。著書に『松下幸之助の生き方』(PHP研究所)、『松下幸之助に学ぶ希望の哲学』(アチーブメント出版)などがある。
<講座内容>
経営も人生も、やり方に当を得さえすれば必ずうまくいくし、限りなく発展していくものだ。だから本来、悩むことなど何もない――。松下幸之助を成功に導いた究極のポジティブ・シンキングの軌跡とその意味を明らかにする。

佐藤氏(松下講座).jpg
 

第4講 「紙1枚」で超実践! ~ 幸之助哲学を習慣化する方法
5月12日(土)13時~15時 会場:パナソニックミュージアム

<講師>
浅田 すぐる(Suguru Asada)
「1枚」ワークス株式会社 代表取締役
愛知県名古屋市出身。立命館大学卒業。在学時にカナダ・ブリティッシュ・コロンビア大学留学。トヨタ自動車(株)入社後、海外営業に従事。米国勤務などを経験したのち、6年目で同社のグローバル企業ウェブサイト管理業務を担当。「伝わるサイト」へのカイゼンを実現し、企業サイトランキングで全業界を通じ日本一を獲得する。その後、(株)グロービスへの転職を経て、独立。現在はビジネスコミュニケーションをテーマにした企業研修・講演・コンサルティングなどを多数実施。自社独自の教育プログラム"「伝わる」思考×「1枚」の型 1sheet Frame Works"という1年間のスクールプログラムは、日本全国から受講者が集まる人気講座となっている。著書『トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術』(サンマーク出版)がベストセラーに。4月に『超訳より超実践 「紙1枚!」松下幸之助』(仮題、PHP研究所)を発刊。
<講座内容>
もう「松下哲学は実践が難しい」とは言わせない。「紙1枚」書くだけというシンプルな動作で、あっという間に実行・習慣化できる法とは!? ベストセラー『トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術』の著者が具体的に指南する。

第4講浅田すぐる氏(松下講座).jpg

第3講、第4講終了後、ミュージアムツアーを開催します。
パナソニックミュージアムの方が館内をご案内します。
所要時間は30分程度、追加料金は不要です。
講座と併せてお楽しみください。
4月28日は、松下幸之助歴史館、5月12日はものづくりイズム館をご案内する予定です。

 

 

第5講 幸せに生きるとは ~ 松下幸之助の運命観から考える
5月20日(日)13時~15時 会場:枚方T-SITE4階 イベントスペース

<講師>
川上 恒雄(Tsuneo Kawakami)
PHP研究所 松下理念研究部 研究部長
1991年一橋大学経済学部卒業後、日本経済新聞社に入社。出版局電子出版部(企業研修用ビデオの企画)、出版局編集部(書籍編集)、編集局経済解説部(新聞記者)に勤務。2000年英国エセックス大学社会学修士。06年南山大学南山宗教文化研究所研究員。07年京都大学経営管理大学院京セラ経営哲学寄附講座助教。08年英国ランカスター大学宗教学博士。同年PHP研究所に入社し、14年から現職。著書に『ビジネス書と日本人』(PHP研究所)がある。
<講座内容>
貧困、病弱、無学の"三重苦"ゆえに成功したと語った幸之助。一見"悲運"と思える境遇も、見方を変えることで自分の強みに転化できる――。そんな幸之助の思考法から、生きがいや幸せをつかむヒントを紹介する。

第5講川上恒雄氏(松下講座).jpg

 


【注意事項】第3講、第4講はパナソニックミュージアムでの開催です。会場にご注意下さい。
      パナソニックミュージアム
     (所在地)〒571-8501 大阪府門真市大字門真1006
     (アクセス)京阪電車 西三荘駅下車 徒歩2分

【開催場所】4Fイベントスペース(第1・2・5講)
      パナソニックミュージアム(第3・4講)

【参加費】各回3,000円(税込)
     第3講・第4講両日通し券 4,000円(税込)

【チケット】 枚方T-SITEのオンラインショッピングでチケットを販売しております。
       1回分と通し券、予約フォーム分かれております。

1回分
https://store.shopping.yahoo.co.jp/hkt-tsutayabooks/evws20180520b.html

3講・第4講両日通し券
https://store.shopping.yahoo.co.jp/hkt-tsutayabooks/evws20180428b.html

会場で決済画面をご提示ください。

会期

定員

50名
(通し参加は先着20名)

時間

各回 13:00~15:00

場所

蔦屋書店 4F イベントスペース

参加費

各回3,000円(税込)
第3講・第4講両日通し券 4,000円(税込)

申し込み方法

枚方T-SITEのオンラインショッピングでチケットを販売しております。
会場で決済画面をご提示ください。
(本文のチケットの欄をご確認下さい。)

主催

枚方 蔦屋書店

共催・協力

株式会社PHP研究所
パナソニック株式会社

問い合わせ先

072-844-9000(担当永原・津山)

会期

時間

各回 13:00~15:00

場所

蔦屋書店 4F イベントスペース

参加費

各回3,000円(税込)
第3講・第4講両日通し券 4,000円(税込)

申し込み方法

枚方T-SITEのオンラインショッピングでチケットを販売しております。
会場で決済画面をご提示ください。
(本文のチケットの欄をご確認下さい。)

定員

50名
(通し参加は先着20名)

主催

枚方 蔦屋書店

共催・協力

株式会社PHP研究所
パナソニック株式会社

問い合わせ先

072-844-9000(担当永原・津山)

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。
メルマガ登録はこちら