「Circle of Life|いのちの環」平野啓一郎・林道郎によるトークとサイン会

  • アート

ロームシアター京都3F パークプラザロビー

芥川賞受賞作家の平野啓一郎さんと、美術批評家・上智大学教授の林道郎さんを招き、KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭2016に関連したトークイベントを開催します。京都にゆかりが深い平野さんと、写真批評も行う林さんが、KYOTOGRAPHIEの楽しみ方を独自の視点からご紹介。フェスティバルをより深く、楽しくご覧になれるでしょう。終了後、平野啓一郎さんによる新作『マチネの終わりに』をご購入の方者向けサイン会も行います。予約は不要です。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

平野啓一郎(Keiichiro HIRANO) 近景撮影:瀧本幹也

1975年愛知県蒲郡市生。北九州市出身。京都大学法学部卒。1999年在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。著書は小説、『葬送』『滴り落ちる時計たちの波紋』『決壊』(芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞)『ドーン』(ドゥマゴ文学賞受賞)『かたちだけの愛』『空白を満たしなさい』、『透明な迷宮』、エッセイ・対談集に『私とは何か 「個人」から「分人」へ』『「生命力」の行方~変わりゆく世界と分人主義』等がある。 2014年、フランス芸術文化勲章シュヴァリエを受章。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

林道郎 (Michio HAYASHI)

1959年函館生まれ。1999年コロンビア大学大学院美術史学科博士号取得。現在上智大学国際教養学部教授。美術史および美術批評。主な著作に『死者とともに生きる』(現代書館, 2015)、『絵画は二度死ぬ、あるいは死なない』(全7冊、2003-9、ART TRACE)。「光跡に目を澄まして-宮本隆司論」(宮本隆司写真展、2004年)。「Tracing the Graphic in Postwar Japanese Art」(Tokyo 1955-1970: A New Avant-Garde, New York: The Museum of Modern Art, 2012)、共編書に『シュルレアリスム美術を語るために』(鈴木雅雄と共著、水声社、2011年)、From Postwar to Postmodern: Art in Japan 1945-1989 (New York: The Museum of Modern Art, 2012)などがある。『アジアのキュビスム』展(東京国立近代美術館、2005年)にはキュレーターとして参加。美術批評誌『Art Trace Press』の編集を務める。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

会期

定員

席数には限りがございます。

時間

13:00~14:30

講師/ゲスト

平野啓一郎さん 林道郎さん

場所

ロームシアター京都3F パークプラザロビー

主催

京都岡崎 蔦屋書店

参加費

無料

共催・協力

KYOTOGRAPHIE

申し込み方法

当日会場にお越しください。

問い合わせ先

075-754-0008

ホームページ

http://www.kyotographie.jp/

会期

時間

13:00~14:30

場所

ロームシアター京都3F パークプラザロビー

参加費

無料

申し込み方法

当日会場にお越しください。

ホームページ

http://www.kyotographie.jp/

定員

席数には限りがございます。

講師/ゲスト

平野啓一郎さん 林道郎さん

主催

京都岡崎 蔦屋書店

共催・協力

KYOTOGRAPHIE

問い合わせ先

075-754-0008