KYOTO JOURNAL 創刊30周年記念トークショー
KYOTO JOURNAL - 30 YEARS OF ENGLISH LANGUAGE PUBLISHING IN JAPAN

  • トークイベント

ロームシアター京都 パークプラザ3階 共通ロビー

本イベントは、秋雨前線による長雨のほか、台風21号が勢力を拡大し本州に接近するとの予報を受け、
開催を延期させていただきます。日程等詳細が決まりましたら、改めてご連絡させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど宜しくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1986年から刊行され、日本国内で最も長く続く英字雑誌「KYOTO JOURNAL」。

その創刊30周年を記念して、今までの軌跡や雑誌作りに関わってきたスタッフ、その成功や妨げになったもの、印刷版がどのようにして復活したかなど、ジャーナルだけでなく日本の英語出版の店頭における未来について創設者のジョン・アイナーセンさんにお話頂きます。日本語への通訳もありますので、お気軽にご参加下さいませ。

当日はKYOTO JOURNAL最新号の販売もしています。

【京都ジャーナルとは】
1987年創刊。KYOTO JOURNAL(以下KJ)は京都に留まらず、日本やアジア地域の生活、文化、社会を無数の視点から編集する受賞歴のある雑誌。
日本国内でもっとも長く続く英語出版物であり、今まで75の雑誌と13のデジタル版雑誌をリリース。
KJ独自の多分野にわたる記事とデザイン性の高いアプローチは国際的な出版機関向けの受賞(Utne Reader賞やPushcart賞など)や日本の文化庁などにも評価されている。
また、完全にボランティアによって運営され、日本で認定をうけたNPO法人である。
最新巻(89号)は2010年以来となる紙媒体での刊行。

----------------------

Discover Japan's longest-running independent English magazine with Kyoto Journal's Founder and Publisher, John Einarsen. In an informal talk event as part of KJ's month-long exhibition at Tsutaya Books Okazaki, John will talk about how the magazine's 30-year history, the dedicated volunteers who run it, its triumphs and obstacles, reviving the print edition, and what the future has in store for not only the Journal but English-language publishing in Japan.

The talk will be followed by a Q&A session.
Japanese interpretation will be provided.

Kyoto Journal books and magazines, including the latest print issue KJ89 will be on sale at the event.

ABOUT KYOTO JOURNAL
Founded in 1987, Kyoto Journal (KJ) is an award-winning magazine showcasing life, culture and society in Japan and throughout the Asia region from a myriad of perspectives.

Now the longest-established independent English-language publication in Japan, the KJ team has produced 75 high-quality print issues, 13 digital issues and several books. KJ's unique interdisciplinary approach, consistently high standards of journalism and fine design have been recognized through international independent press awards and by the Japanese Ministry of Culture.

KJ is driven entirely by volunteers and is a Japan-registered, non-profit organization. We were supported by the late Kampo Harada, until 2010, who was engaged in artistic initiatives across Asia.

Our next print issue launching in October 2017 is an in-depth look at the craft communities of Japan, with an emphasis on the fragile, complex and interdependent relationships between individual craftspeople and businesses.

URL
http://www.kyotojournal.org/

会期

定員

60名様(先着)

時間

14:30-16:00(14:00開場)

講師/ゲスト

ゲスト:ジョン・アイナーセン(創刊編集長)、ケン・ロジャーズ(現編集長)

場所

ロームシアター京都 パークプラザ3階 共通ロビー

主催

京都岡崎 蔦屋書店

参加費

無料

共催・協力

KYOTO JOURNAL

申し込み方法

事前申込不要。当日会場にお越し下さい。 ※開催延期となりました。

問い合わせ先

075-754-0008

ホームページ

会期

時間

14:30-16:00(14:00開場)

場所

ロームシアター京都 パークプラザ3階 共通ロビー

参加費

無料

申し込み方法

事前申込不要。当日会場にお越し下さい。 ※開催延期となりました。

ホームページ

定員

60名様(先着)

講師/ゲスト

ゲスト:ジョン・アイナーセン(創刊編集長)、ケン・ロジャーズ(現編集長)

主催

京都岡崎 蔦屋書店

共催・協力

KYOTO JOURNAL

問い合わせ先

075-754-0008