【入荷案内】銀座 蔦屋書店×山口晃オリジナルグッズ

  • 入荷案内

ロームシアター京都 パークプラザ3階 共通ロビー

銀座 蔦屋書店限定で販売されていた山口晃さんのグッズが、ついに当店にも入荷しました。
日本の伝統的様式と油絵の技法を使い描く事で知られる山口晃氏のグッズは、京都ではここでしか買えません。是非この機会にご覧下さいませ。

【プロフィール】
山口 晃 (やまぐち あきら)
1969年東京生まれ、群馬県桐生市に育つ。1996年東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻(油画)修士課程修了。2001年第4回岡本太郎記念現代芸術大賞優秀賞。2013年自著『ヘンな日本美術史』(祥伝社)で、第12回小林秀雄賞受賞。2017年桐生市初の藝術大使に就任。

日本の伝統的絵画の様式を用い、油絵という技法を使って描かれる作風が特徴。都市鳥瞰図・合戦図、新聞小説や書籍の挿絵・装画などの絵画のみならず、成田国際空港や大分駅のパブリックアート、富士山世界遺産センターシンボル絵画等を手がける一方で、「山愚痴屋澱エンナーレ」と名付けた一人国際展のインスタレーションなど、表現方法は多岐にわたる。

主な展覧会に、2011年「Bye Bye Kitty!!!」展(ジャパンソサエティ、NY)、2012年個展「望郷TOKIORE(I)MIX」(銀座メゾンエルメスフォーラム、東京)、2013年個展「山口晃展 画業ほぼ総覧 --お絵描きから現在まで」(群馬県立館林美術館)、2015年個展「山口晃展 前に下がる 下を仰ぐ」(水戸芸術館現代美術ギャラリー、茨城)等。現在、森アーツセンターギャラリーにて開催中の「THEドラえもん展 TOKYO 2017」に参加(2018年1月8日まで)。

近著に『山口晃 大画面作品集』(青幻舎)、『探検!東京国立博物館』(藤森照信・山口晃 共著/淡交社)。