「太陽の塔へ行こう」フェア

  • アート
  • フェア

1F 蔦屋書店

1970年、大阪で開催された史上最大、アジアで初めての万国博覧会「大阪万博(日本万国博覧会)」。このテーマ館として、芸術家・岡本太郎が制作した「太陽の塔」は、万博閉幕後にほぼすべてのパビリオンが撤去されるなか、保存を願う声の高まりを受けて、万博記念公園に残されました。

塔の内部は半世紀にわたり、非公開となっていましたが、2018年3月より恒久的な展示施設として一般公開が再開、内部が見られるようになっています。

当店では、「太陽の塔ガイド」(小学館)をはじめとした、太陽の塔の魅力に迫る書籍を大特集。岡本太郎の頭の中を垣間見ることができる著作も取り揃えております。

この夏、太陽の塔の神秘の世界へ、足を踏み入れてみませんか。

展開期間:2018年6月27日(金) - 2018年8月19日(日)