竹笹堂 木版画作品 展示・販売

  • ギャラリー"EN"
  • 展示・販売

1F 蔦屋書店 ギャラリースペース

ギャラリーENにて竹笹堂さまの木版画作品の展示販売を行っています。
どの作品も鮮やかな色彩の中にも木の温かみが感じられるものばかりです。
浮世絵作品と竹中木版五代目摺師である竹中健司さんの作品を展開しております。
ぜひこの機会にご覧ください。

プロフィール
■竹笹堂
1200年続く伝統的な木版印刷の技術を受け継ぐ明治年間創業の老舗工房・竹中木版。木版画は江戸時代より絵師・彫師・摺師の三者分業により制作され、竹中木版は摺師として活躍。竹中木版がプロデュースする竹笹堂は、昔ながらの老舗の掛け紙や料紙などの商業木版を手がける一方、浮世絵、オリジナルデザインの木版画作品や商品を制作・販売しています。職人がバレンを片手に、一色ずつ手作業で色を重ねてつくる作品は、伝統的な技法を使いながらも、温かみのあるモダンなデザインで暮らしに彩りを添えます。

■竹中健司
竹中木版五代目摺師、木版画作家。有限会社竹笹堂 代表取締役。武蔵野美術大学技術顧問、京都精華大学特別共同研究員他。京都の風景をモチーフに、職人ならではの巧みな木版技術を用いて色彩豊かに描く木版画作品は、大胆な構図と独創的な色使いが特徴で、国内外の人々に好評を得ています。また、職人として、木版技術の継承のためワークショップの開催や学術的な研究活動にも意欲的に取り組んでいます。

竹笹堂
http://www.takezasa.co.jp/index.html

展開期間:2018年11月2日(金)~1月15日(火)