【ミニフェア】「プロヴォーク 復刻版 全三巻」

  • アート
  • フェア

1F 蔦屋書店

 美術評論家・多木浩二と、写真家・中平卓馬によって発案され、詩人の岡田隆彦と写真家の高梨豊が加わり1968年11月に創刊された写真同人誌『プロヴォーク』。
 第二号からは写真家・森山大道もメンバーとして参加し、荒れた粒子、ノーファインダーによる不安定な構図、ピントの合っていない不鮮明な写真は「アレ、ブレ、ボケ」と揶揄され、賛否両を巻き起こし、同時代に大きなインパクトを与えました。
 1970年3月に総括集『まずたしからしさの世界をすてろ』を最後にその活動は終了してしまいますが、現在もなお、国内外で注目を集める『プロヴォーク』が、このたび、オリジナルそのままに、本文テキストの英語訳と中国語訳(繁体字)の翻訳文を追加し、復刻されました。
 当店では、この復刻版の入荷を記念し、メンバーの著作や写真集を復刻版とともに展開しております。どうぞ、当店で実物をお手にとってご覧ください。

展開期間:2018年12月1日(土)~12月25日(火)