not UDON but OUDON ~oudon magazine~

  • フェア

1F 蔦屋書店

早速ですが、みなさんは「おうどん」をご存知でしょうか?
簡単に言ってしまえば「京都のうどん」のことなのですが、一般的な「うどん」とは似て非なるもの。
コシのある「うどん」ではなく、やわらかく、お箸で持つと切れてしまいそうな麺に、カツオと昆布でとられた味わい深い出汁が特徴の「おうどん」。

oudon magazine はそんな「おうどん」を愛してやまない料理家の太田と画家の小沢、漆職人の河井の三人による京都のおうどんメディアです。
この度食のコーナーでは、あくまで京都のやわやわな「おうどん」にこだわる彼女たちの熱い思いを応援すべく#notUDONbutOUDONフェアを開催。

メンバー3人によるおうどん的選書から始まり、雑貨ではオリジナルスタンプとシールを販売。またoudon magazineサポーターとして、京都カルチャー勢が集結。

「AMETSUCHI(器)」からは丼鉢、「小出麻代(現代美術作家)」にはハンカチと手ぬぐい、「LADER(道具屋)」からは家でおうどんを作る時にあると役立つあの調理器具が、「保存食lab」からはこの度のフェアのために考案したおうどんにぴったりの調味料が揃いました。

うどんとはひと味違う「おうどん」の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか。

Oudon magazine → https://www.instagram.com/oudon_magazine/

【雑貨お取扱い】
AMETSUCHI/芦田尚美
京都市立芸術大学大学院修了後の2000年頃から「AMETSUCHIシリーズ」などの日常使いの磁器を中心に制作を続ける。現在、京都府美山町在住。

AMETSUCHI=アメツチ=天地
山並みの線刻で「そら」と「つち」を表現した器のシリーズ。
天地の恵みを食卓に。
http://www.ametsuchi.info


小出麻代 こいでまよ
美術家。インスタレーション作品を国内外で発表する傍らシルクスクリーンを用いたグッズデザインも行なっている。
https://www.mayokoide.net

保存食lab
京都のはしっこ、北部に位置する京丹後にある自家菜園で大切に育てた旬の野菜や果実を厳選した調味料やスパイスなどと合わせ、ひとつひとつ手作業で作っています。
旬の食材を美味しく食べきることを大切に日々実験と研究を繰り返しています。
それぞれの家庭の味を壊さずに ひと匙加えてお皿の上で調味する"もうひとつの美味しい"を味わってもらえたらと提案をしています。
http://hozonshokulab.xyz/

LADER
ラダーは台所用品を中心とした日用品のお店です。
http://www.lader.jp/

展開期間:2019年2月25日(月)~