【トークイベント】クリエイティブと経営
クリエイティブから考える「持続可能性」とは

  • セミナー
  • トーク

Share Lounge

会期

定員

30名

時間

19:00-20:30

講師/ゲスト

トーン&マタ―代表 広瀬郁
upsetters architects代表 岡部修三

場所

Share Lounge

主催

トーン&マター

参加費

1,300円(税込) ※ドリンク付

共催·協力

申し込み方法

中目黒 蔦屋書店店頭 or お電話にてご予約、下記チケット購入サイトhttps://www.ticket-mngt.net/te/pt1/170605NAK/にてご予約ください。

問い合わせ先

・内容に関するお問い合わせ info@toneandmatter.com
・会場やお申し込みに関するお問い合わせ 中目黒 蔦屋書店 03-6303-0940

ホームページ

会期

時間

19:00-20:30

場所

Share Lounge

参加費

1,300円(税込) ※ドリンク付

申し込み方法

中目黒 蔦屋書店店頭 or お電話にてご予約、下記チケット購入サイトhttps://www.ticket-mngt.net/te/pt1/170605NAK/にてご予約ください。

ホームページ

定員

30名

講師/ゲスト

トーン&マタ―代表 広瀬郁
upsetters architects代表 岡部修三

主催

トーン&マター

共催·協力

問い合わせ先

・内容に関するお問い合わせ info@toneandmatter.com
・会場やお申し込みに関するお問い合わせ 中目黒 蔦屋書店 03-6303-0940

クリエイティブから考える「持続可能性」とは

プロジェクトデザイナー"広瀬郁"✖建築家"岡部修三"

広瀬郁の著書「ブリッジング ー創造的チームの仕事術」の発刊記念として、トークイベントを開催します。



企業や行政などの"組織"と、"個人"のクリエイターが、1つのチームになるプロジェクト推進手法「ブリッジング」を提案する広瀬郁が、

建築家でありながら多くの新規事業に携わる岡部修三と、独自の視点からビジネスの継続性についてお話します。


昨今では、人口減・グローバル化・AIの普及など大きな変化の波が押し寄せ、

過去の仕事を踏襲していくだけでは、ビジネスの持続が厳しい時代になっています。


数々の新規プロジェクトに参画している登壇者がリアルな経験から考えた、

事業継続における「クリエイティブの果たす力」や、「お金と組織のデザイン」を深堀りする90分です。

新しい仕事のあり方を模索する企業や行政、クリエイターの方々はお聴き逃しなく!



ご参加いただいた皆様に、登壇者岡部修三がディレクションを行う、愛媛県のみかんをテーマとしたオリジナルブランド10"TEN"から、こだわりのオレンジジュースをプレゼントします。



■登壇者プロフィール

広瀬 郁 / 株式会社トーンアンドマター 代表

プロジェクトデザイナー

②広瀬プロフィール.jpg

1973年東京生まれ。

建築学を専攻後、外資系経営コンサルティングファーム、不動産企画開発会社に勤務。

ホテル「CLASKA」では総合プロデュースを担当し、2008年に独立。

企業・行政などの組織とクリエイターをつなぎ、施設開発、商品企画、新規事業推進など、

新奇性の高い様々なプロジェクトに参画している。





岡部 修三 / upsetters architects 代表

建築家

③岡部さんプロフィール.jpg

1980年愛媛県生まれ。

2005年慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 環境デザインプログラム 修士課程修了。

2004年よりupsetters architects 代表。「新しい時代のための環境」を目指して、建築的な思考に基づく 環境デザインと、ビジョンと事業性の両立のためのストラテジデザインを行う。

2014年よりブランド構築に特化したLED enterprise代表、グローバル戦略のためのアメリカ法人New York Design Lab.代表を兼任。

JCDデザイン賞金賞、グッドデザイン賞、iFデザイン賞など、国内外での受賞歴 多数。共著に「ゼロ年代11人のデザイン作法」(2012年、六耀社)がある。