fractal/architect by yukihiro matsuoka

  • フェア・展示

中目黒 蔦屋書店

会期

定員

時間

講師/ゲスト

場所

中目黒 蔦屋書店

主催

中目黒 蔦屋書店

参加費

共催·協力

申し込み方法

問い合わせ先

03-6303-0940

ホームページ

会期

時間

場所

中目黒 蔦屋書店

参加費

申し込み方法

ホームページ

定員

講師/ゲスト

主催

中目黒 蔦屋書店

共催·協力

問い合わせ先

03-6303-0940

高架下らしく、店内に多く見られる中目黒 蔦屋書店の柱は、その面を棚にした売り場作りになっていますが、棚を入れる幅がない部分の壁には、常にアート作品等々の展示を実施しております。

何度目となる個展、8月2日から行いますのは、高架下の作品もあり、白黒のトーンが多く中目黒 蔦屋書店にとてもマッチする作品シリーズを持つyukihiro matsuokaさん。

写真集も展示期間、レジカウンターにて販売しておりますので、ぜひお手に取ってみてください。

yukihiromatsuoka photobook.jpg

下記はご本人による今回の展示へのメッセージです。

この度のシリーズは被写体を絞り込まずに僕の気になったものだけを撮影し

自分の輪郭を一枚一枚の写真から、または写真全体から浮かび上がらせるということを

テーマに2年に渡って撮影し蒐集した風景標本です。


モノやメディアが溢れその洪水の中に暮らしていると

自分の本来の姿がどんどん薄れていくような気分が続き

その洪水の中で僕自身が自然と求めるもの、ふと足を止めて眺めてしまうものは何なのだろう?

ということがシンプルに知りたくなり今回のシリーズ発端となりました。

撮影にあたり浮かんできたイメージの断片~シャッターを切るときの

ゆいいついろいろなことが忘れられる数分間で描き出す世界。

自然のカタチ、意図のないフォルム、時間が作るもの。

なにか大きなひとつのフォームに集約してゆくかのようなそれぞれの破片。

子供の頃に大切に集めていたのにおとなになりバラバラになってしまった

大切ななにかのカケラを拾い集める作業。

写らないもの、こと。偶然と時間が織りなす景色。

そのなかから感じること。そうであるからこそ感じることができるもの。うまれてくる想像力

光と建築という2つの要素が混ざり合った時にうまれる世界を

自身がコレクションしている時間が作り上げたテクスチャーをもったアンティークペーパーと

コラージュすることにより時間軸と空間軸を歪めた異世界でありながらも

どこか懐かしさやほんのりとしたあたたかさを含んだ世界を表現しています。

今回は今年3月にtokyoarts galleryにて開催した同展示にプラスして

写真集「fractal」に収録されている高架下の風景や建築を25点ほどオリジナルプリントでご覧頂けます。

●Photographer Profile

yukihiro matsuoka

yukihiromatsuoka.jpg

自身のフィルターにとどまった建造物や植物、アンティークなどをモチーフに、それぞれに感じた時間と光を表現するため、赤外線撮影やコラージュ、デジタル、フィルム、ポラロイドなどあらゆる手法を取り入れて作品を制作している。

1979年 山口県生まれ

2013年 ジュエリーブランドLaboratoriumを設立

    同年フォトグラファーとしても活動開始

2014年 リトルプレスにて写真集aetherを出版

2015年 リトルプレスにて写真集estrangementを出版

2015年 吉祥寺百年にて個展開催

2016年 tokyoarts galleryにて個展開催

2016年 リトルプレスにて写真集fractal出版

2017年 tokyoarts galleryにて個展開催

現在  2017年冬に発売予定の新作写真集fractal objectを製作中