「桜咲く。まだ知らない京都へ」フェア        歩きたい街が撮りたい街

  • ニュース

中目黒 蔦屋書店

■「そうだ 京都、行こう。」×蔦屋書店・蔦屋家電各店コンシェルジュが提案する、あなたのまだ知らない京都。
京都に桜の季節がやってきます。
今年の「そうだ 京都、行こう。」2018年春のCMの舞台となった"勧修寺"は、京都・山科にある隠れた桜の名所です。

今読みたい京都の本や、話題の京都発の雑貨や文具。
「桜咲く。まだ知らない京都へ。」をテーマに、蔦屋書店コンシェルジュがとっておきの京都をご紹介します。
勧修寺が表紙になったJR東海オリジナルクリアファイルや、京都旅のお得な情報が詰まったパンフレットも無料配布します。
京都の空気を感じに、ぜひ遊びにいらしてください。

■「あたり」チケットで、「そうだ 京都、行こう。」オリジナルドリンクプレゼントキャンペーン

都内の対象店舗で「万城目学が巡る、春の通な京都旅。」冊子を無料配布しています。
冊子表紙についている、チケットのスクラッチを削って「あたり」が出たら、京都岡崎 蔦屋書店2階の京都モダンテラスに
チケットを持ってお越しください。オリジナルドリンク1杯と交換させていただきます。
(対象店舗:代官山 蔦屋書店、二子玉川 蔦屋家電、中目黒 蔦屋書店、銀座 蔦屋書店、TSUTAYA TOKYO ROPPONGI)

■中目黒 蔦屋書店 各フェア

<Share Lounge「歩きたい街が撮りたい街」>

「京都は古い街。

時代遅れを目指した街。
こんなに古いから人のこころを惹きつける。

京都が教えてくれたこと。
古いものは新しい。
皆が新しいと思っているものごとはもうすでに少し古い。
かっこいいはダサイ。」

なんだか今とっても気になる京都のものづくりと、今の京都を切り取る本をご紹介します。今年の春はHANAO Shoesを履いて、#そうだ京都行こう

-whole love kyoto / hanao shoes
https://wholelovekyoto.jp/

<Share Lounge「楽しいカメラ」>

旅に欠かせないもの、カメラ。
歴史的建造物が並ぶ街並みの中に、ふと現代的なスポットが混在する京都は、写真を撮りたくなる街です。まだ誰も見つけていない風景を探しに、桜舞う京都をカメラ片手に散策しませんか。
せっかくの思い出は、今だからこそフィルム現像がおすすめ。あなたがみつけた新しい京都を是非シェアしてください。

-lomography
https://www.lomography.jp/

<Share Lounge「新しい老舗に会いに」>

千二百年余の歴史を持つ京都には、百年以上続く老舗が千店以上あるといわれます。その伝統や受け継がれた技術を、現代のセンスで再構築。今、そんな動きが活発です。日本最古の御香調進所として伝統を受け継ぎながら、その時代の香りを作り続ける薫玉堂。八百年以上続く手抄和紙の技術を活かした新たな京文具づくりに取り組む尚雅堂。そんな老舗の、新たな試みをご紹介します。

-薫玉堂
https://www.kungyokudo.co.jp/
-尚雅堂 / ginger
http://www.shogado.co.jp/

<Talk Area「御朱印ガール増えてます」>

墨色と朱色のコントラスト、寺社の個性あふれる筆づかいや押し印のデザイン性など。アート作品のようなかっこよさもあり、この数年で御朱印集めに行く"御朱印ガール"が増えています。

もとは、参拝者が写経をお寺に納めた際にいただく印だったという御朱印。この春に持って出かけたくなる、御朱印帳をご紹介します。

-尚雅堂
http://www.shogado.co.jp/

--------------------------------------------------------------------

●会期 2018年02月21日(水) - 2018年03月20日(火)
●時間 7:00~24:00(営業時間)
●場所 中目黒 蔦屋書店
●共催・協力 東海旅客鉄道株式会社
●問い合わせ先 03-6303-0940