• 文具

"究極"のオペラグラス~高性能双眼鏡 カブキグラス~

よく、ライブやコンサートを観に行きます。その際、会場の最後方付近から楽しんでいたのだけど、視線が行くのはモニターばかり。ほぼ、アーティストには目が行きませんよね。これ、残念、、、、

1024-cc-library010001618.jpgのサムネイル画像

仮にも自分が応援しているアーティストが、すぐそこにいるってのに。双眼鏡でも、持って行けば良かった、、、、
だから小型双眼鏡を「オペラグラス」っていうのか! オペラを観る時に使うからこそ。

今回紹介するのは、オペラグラスなんです。
しかし、集約されたのは日本の技術力。だからこそ、このオペラグラスは『カブキグラス』!

ちょっと、画像をご覧いただきましょうか。フレームは歌舞伎の隈取りをイメージしており、それでいて西洋のファッションにもマッチするようデザインされている。しかも双眼鏡部分の左右の筒をつなぐブリッジは、兜をイメージさせるようなフォルムに。

jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

『カブキグラス』を開発したサンテプラス株式会社・代表取締役の坂田氏は、、大手電機メーカーに務めていた頃、仕事と研修を兼ねてロシアで2年間の生活を送ってきた時、現地ではオペラを観る機会も多かったとの事。

しかし、通常のオペラグラスは「手ブレ」、「手が疲れる」、「拍手できない」、「クリアに見えない」、「まつ毛が邪魔になる」、「ピント調整が面倒くさい」、「視界が狭い」などなど、、、、、

ならば、自分で作ってしまおうと、 開発には約2年を要し、理想の完成形に向け"日本の職人"と「究極のオペラグラス」が完成!

unspecified (2)jpg

手放しで使えるメガネ式、近視や遠視、老眼の方もメガネなしで使えるということ。掛けてのぞくと視界がくっきりと明るく、広範囲が見え、舞台の右から左、手前から奥へと視線を移しても瞬時にピントが合います!

左右の各筒の中にガラス製レンズ5枚、プリズム2個が入っている超本格派。高級双眼鏡を超小型化したイメージで、「明るさ」と「クリアさ」が圧倒的で、非常に立体的に見えます。

unspecified png

演者の表情や衣裳も、まるで目の前で見ているような臨場感と立体感。観劇はもちろん、ご家族の発表会やスポーツ観戦にも活躍します。

unspecified (1)jpgのサムネイル画像

【カブキグラスの特徴】
・まつ毛が気にならない:まつ毛がレンズに触れにくい形状で、視界を妨げず、メイクも乱しません。

・長時間でも疲れにくい:調整可能な鼻パッドなど、構造上の工夫で重さを分散。疲れを軽減します。

・メガネ式で両手が自由に:双眼鏡を持つ煩わしさがなくなり、拍手も自由にできて手ブレなし。

unspecified jpg

筋金入りの劇場好き"が日本の匠と本気で創った観劇ファン必携の"逸品"です。

今回ご紹介した"究極のオペラグラス"『カブキグラス』のご購入はコチラ▽

mainttl_roppongi.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像