『WIRED』日本版 VOL.31 リブート号刊行イベント

  • イベント

2F 特設イベントスペース

『WIRED』日本版の復刊を記念して、TSUTAYA TOKYO ROPPONGIで三夜にわたるトークイベントを開催します 。

Day 1 in Roppongi|Beyond Capitalism ---- コーポラティヴィズムの先にあるウェルビーイング ドミニク チェン×松島倫明
『WIRED』日本版リブート号となるVOL.31の特集テーマは、「NEW ECONOMY」。
プラットフォーム資本主義の歪みから見えてくる変化の兆し、世界の変化を考える。
11月16日にTSUTAYA TOKYO ROPPONGIで開催するトークイベントには、情報学研究者/起業家のドミニク チェンを迎え、『WIRED』日本版編集長・松島倫明とともにNEW ECONOMYの先にあるWell-Beingをテーマに、トークイヴェントを開催する。

【開催日時】
2018年11月16日(金) 19:00~20:30(開場18:45)

【登壇者プロフィール】
ドミニク チェン
|博士(学際情報学)、早稲田大学文化構想学部准教授
NPOコモンスフィア(クリエイティブ・コモンズ・ジャパン)理事、ディヴィデュアル共同創業者。IPA未踏IT人材育成プログラム・スーパークリエイター認定。NHK NEWSWEB第四期ネットナビゲーター(2016年度)。2016年度、2017年度グッドデザイン賞・審査員兼フォーカスイシューディレクター。

松島倫明|『WIRED』日本版編集長
1972年生まれ。一橋大学にて社会学を専攻。96年にNHK出版に入社。村上龍氏のメールマガジンJMMやその単行本化などを手がけたのち、2004年から翻訳書の版権取得・編集・プロモーションなどを幅広く行う。2014年よりNHK出版放送・学芸図書編集部編集長。手がけたタイトルに、デジタル社会のパラダイムシフトをとらえたベストセラー『FREE』『SHARE』『MAKERS』のほか、15年ビジネス書大賞受賞の『ZERO to ONE』や『限界費用ゼロ社会』、Amazon.com年間ベストブックの『〈インターネット〉の次に来るもの』など多数。

Day 2 in Roppongi | WIRED making story ---- 雑誌のクリエイティヴィティ

伊藤直樹×松島倫明
『WIRED』日本版リブート号となるVOL.31の特集テーマは、「NEW ECONOMY」。プラットフォーム資本主義の歪みから見えてくる変化の兆し、世界の変化を考える。
TSUTAYA TOKYO ROPPONGIでの開催2日目となる11月19日は、『WIRED』日本版のクリエイティブ・ディレクターとして、アートディレクション全般を担うPARTYの伊藤直樹を迎え、『WIRED』日本版編集長・松島倫明とともに、常に新しい表現を考えてきたWIREDのこれからのクリエイティブ、そして、いま雑誌をつくることの意味について語り合う。

【開催日時】
2018年11月19日(月) 19:00~20:30(開場18:45)

【登壇者プロフィール】
伊藤 直樹|PARTY CCO/クリエイティブ最高責任者
1971年静岡県生まれ。ワイデン+ケネディトウキョウを経て、2011年に未来の体験を社会にインストールするクリエイター集団「PARTY」を設立。クリエイティブディレクター・CEOを務める。18年、『WIRED』日本版クリエイティブディレクターに就任。カンヌ・ライオンズ金賞など、国内外での受賞歴は250を超える。

Day 3 in Roppongi | ----テクノロジーの次のトレンドが映すライフスタイル  真鍋大度×松島倫明

『WIRED』日本版リブート号となるVOL.31の特集テーマは、「NEW ECONOMY」。プラットフォーム資本主義の歪みから見えてくる変化の兆し、世界の変化を考える。         TSUTAYA TOKYO ROPPONGIでのトークイヴェント最終日となる11月20日は、スペシャルゲストにライゾマティクス・リサーチの真鍋大度氏を迎える。真鍋氏は、VOL.31リブート号で、『WIRED』US版の創刊25年を振り返る「WIREDの現在地」のインタヴューに登場。インタヴューでの話を掘り下げるほか、特集「NEW ECONOMY」について、そして、これからの『WIRED』に期待することなどを『WIRED』日本版編集長・松島倫明とともに語っていただく。

【開催日時】

2018年11月20日(火) 19:00~20:30(開場18:45)

【登壇者プロフィール】

真鍋 大度DAITO MANABE

東京を拠点としたアーティスト、インタラクションデザイナー、プログラマー、DJ。2006年Rhizomatiks 設立、15年よりRhizomatiksの中でもR&D的要素の強いプロジェクトを行うRhizomatiks Researchを石橋素氏と共同主宰。身近な現象や素材を異なる目線で捉え直し、組み合わせることで作品を制作。高解像度、高臨場感といったリッチな表現を目指すのでなく、注意深く観察することにより発見できる現象、身体、プログラミング、コンピュータそのものが持つ本質的な面白さや、アナログとデジタル、リアルとバーチャルの関係性、境界線に着目し、デザイン、アート、エンターテイメントの領域で活動している。

2018年11月6日(火)12時より、下記サイトから『WIRED』日本版 VOL.31 セットの参加券をご購入いただいた方にお席を用意いたします。
※ECサイトでのお申し込みは、各回イベント当日の15時までとさせていただきます。それ以降は店舗にお問合せください。


1日参加券 2000円(税込)
2日連続参加券 2500円(税込)
3日連続参加券 3000円(税込)

会期

定員

各回50名

時間

19:00~20:30(開場18:45~)

講師/ゲスト

松島倫明さん、ドミニク・チェンさん、伊藤直樹さん、真鍋大度さん

場所

2F 特設イベントスペース

主催

TSUTAYA TOKYO ROPPONGI

参加費

参加方法をご確認ください

共催・協力

WIRED

申し込み方法

問い合わせ先

03-5775-1515

ホームページ

会期

時間

19:00~20:30(開場18:45~)

場所

2F 特設イベントスペース

参加費

参加方法をご確認ください

申し込み方法

ホームページ

定員

各回50名

講師/ゲスト

松島倫明さん、ドミニク・チェンさん、伊藤直樹さん、真鍋大度さん

主催

TSUTAYA TOKYO ROPPONGI

共催・協力

WIRED

問い合わせ先

03-5775-1515