トーク

澤田知子×椿昇 10年ぶりの師弟対談 「アーティストの仕事」

会期 定員 50名
時間 14:00~16:00 講師/ゲスト 澤田 知子・椿 昇
場所 梅田 蔦屋書店 4thラウンジ 主催 梅田 蔦屋書店
参加費 チケットまたは対象書籍を所定の方法でご購入ください。 共催・協力 青幻舎
申し込み方法 梅田 蔦屋書店の店頭または梅田 蔦屋書店ヤフー店サイトにて、参加費に記載の①または②のいずれかをご購入ください。

①参加チケット封入済の澤田知子さんの写真集
・『FACIAL SIGNATURE』(青幻舎)5,400円(税込)
・『Kawaii』(青幻舎)5,400円(税込)
・『Recruit』(hehe)6,264円(税込)
3点のうちいずれか

②参加チケット 1,000円(税込)
問い合わせ先 umeda_event@ccc.co.jp
    ホームページ
会期
時間 14:00~16:00
場所 梅田 蔦屋書店 4thラウンジ
参加費 チケットまたは対象書籍を所定の方法でご購入ください。
申し込み方法 梅田 蔦屋書店の店頭または梅田 蔦屋書店ヤフー店サイトにて、参加費に記載の①または②のいずれかをご購入ください。

①参加チケット封入済の澤田知子さんの写真集
・『FACIAL SIGNATURE』(青幻舎)5,400円(税込)
・『Kawaii』(青幻舎)5,400円(税込)
・『Recruit』(hehe)6,264円(税込)
3点のうちいずれか

②参加チケット 1,000円(税込)
定員 50名
講師/ゲスト 澤田 知子・椿 昇
主催 梅田 蔦屋書店
共催・協力 青幻舎
問い合わせ先 umeda_event@ccc.co.jp
ホームページ
 
イベント申込み

セルフポートレイト作品で脚光を浴び、今や国際的にも評価も人気も高い澤田知子さんのトーク&サイン会を開催いたします。
対談のお相手は現代美術家であり、澤田さんの通っていた高校の美術教師でもあった椿昇さんです。
トークテーマは「アーティストの仕事」。
澤田さんが高校生当時に椿さんから聞いていたという"アーティストという仕事"や"アーティストにできること"について、実際にアーティストとして活動するようになった今、改めてお話し頂きます。もちろん昨年刊行された2冊の写真集や、最近の活動についてもたっぷりと語って頂く予定です。
大阪だからこそ実現した師弟対談。この機会をお見逃しなく!

ご参加いただくには、梅田 蔦屋書店の店頭または梅田 蔦屋書店ヤフー店サイトにて、
参加費に記載の①または②のいずれかをご購入ください。

①参加チケット封入済の澤田知子さんの写真集
・『FACIAL SIGNATURE』(青幻舎)5,400円(税込)

ご購入はこちら.pngのサムネイル画像


・『Kawaii』(青幻舎)5,400円(税込)

ご購入はこちら.pngのサムネイル画像

・『Recruit』(hehe)6,264円(税込)

ご購入はこちら.pngのサムネイル画像


②参加チケット 1,000円(税込)

ご購入はこちら.pngのサムネイル画像



<プロフィール>

澤田知子(さわだ・ともこ)
1977年神戸市生まれ。成安造形大学写真クラス研究生を修了、現在は同大学客員教授であり関西学院大学の非常勤講師も勤める。

学生の頃よりセルフポートレイトの手法を使い作品を通して内面と外見の関係性をテーマに作品を展開している。デビュー作「ID400」が2000年度キヤノン写真新世紀特別賞、2004年に木村伊兵衛写真賞、NY国際写真センターThe Twentieth Annual ICP Infinity Award for Young Photographerなど受賞多数。
ニューヨーク、ロサンジェルス、ベルギー、パリ、ウィーンなど世界中で展覧会を開催。
出版物は、写真集の他に絵本などもある。

2015年度は青幻舎より写真集を2冊出版、パリの出版社からも写真集出版。東京、ニューヨーク、ロサンジェルス等でグループ展に出品。

Born in Kobe, Japan. Works and lives in Kobe.
She uses photography to explore the relationship between one's inner life and outer image. Her works borrow compositional devices from familiar photographic formats such as the school portrait, wedding, and fashion photography, restaging them in a satirical mode so as to lay bare their various stereotypes and assumptions. Predominantly casting herself in the role of model, She has built an extraordinary cast of characters that present a humorous and incisive portrait of Japanese society.
Solo
exhibition 2015 [My Faces] Pace/MacGill Gallery,New York,USA 2011 [REFLECTION] Rose Gallery,Santa Monica,USA 2010 [TOMOKO SAWADA] Kulturhuset,Stockholm,Sweden [Mirrors] MEM,Osaka,Japan [Mirrors] ZABRISKIE GALLERY,New York,USA [IDENTITATS] Fundacio Joan Miro,Barcelona,Spain 2004 [Desire to Mimic] MAK,Vienna,Austria Group exhibition 2015 [The Younger Generation: Contemporary Japanese Photography] The Getty,Los angels,USA 2012 [Factory Direct:Pittsburgh] Andy Warhol Museum,Pittsburgh,USA
2011 [From the Recent Past:New Acquisitions] The Museum of Contemporary Art,Los Angeles 2008 [on your body] Tokyo Metropolitan Museum of Photography,Tokyo 2005 [Take Two. Worlds and Views: Contemporary Art from the Collection] The Museum of Modern Art,New York,USA 2004 [Je t'envisage] the musee de l'Elysee,Lausanne,Swiss 2003 [KEEP IN TOUCH-POSITIONS IN JAPANESE PHOTOGRAPHY] CAMERA AUSTRIA,Graz,Austria


椿昇(つばき・のぼる) コンテンポラリー・アーティスト
京都市立芸術大学美術専攻科修了。1989年全米を巡回したアゲインスト・ネーチャー展、1993年のベネチア・ビエンナーレに出品。2001年の横浜トリエンナーレでは、巨大なバッタのバルーン《インセクト・ワールド-飛蝗(バッタ)》を発表。2003年水戸芸術館。2009年京都国立近代美術館。2012年霧島アートの森(鹿児島)で個展。2013年瀬戸内芸術祭「醤+坂手プロジェクト」ディレクターを始め32億円の経済効果をもたらす。京都造形芸術大学美術工芸学科の卒展をアートフェア化、内需マーケット育成のためにアルトテックを創設。アートプロジェクトを持続可能社会実現のイノベーションツールと位置づけている。
http://artotheque.jp/


■注意事項
・会場での飲食は9Fでご購入の商品のみとさせていただいております。
・講演の録音・録画はお断りしております。


※※※ご購入前に必ず下記をご確認ください※※※

1. お支払い方法はクレジットカード決済のみとさせていただきます。
2. お申し込み完了後、梅田 蔦屋書店 ヤフー店よりご案内のメールをお送りいたします。
≪≪メールは即時ではなく、確認にお時間を頂いております。≫≫
そのメールをイベント当日に会場(梅田 蔦屋書店 4thラウンジ)までプリントアウトしてご持参いただくか、携帯電話等でメール受信画面をご提示ください。
※メールがエラーで戻ってきてしまう方がいらっしゃいます。ご登録のアドレスを今一度ご確認頂き、ご購入くださいませ。
3. 定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
4. お客様都合によるキャンセルは承っておりません。あらかじめご了承ください。
5. オンラインストアでの受付は 2016年1月30日(土)まで

イベントのお申し込み

梅田 蔦屋書店 ヤフー店にて、イベントチケットをご購入ください。

ご購入はこちら
ご購入はこちら