フェア・展示

上出長右衛門窯 上出惠悟 「Bears Live In The Hollow」フェア

会期 定員
時間 7:00~23:00  講師/ゲスト
場所 北カウンター前 マガジンストリート平台 主催 梅田 蔦屋書店
参加費 共催・協力 Yoshimi Arts 上出長右衛門窯
申し込み方法 問い合わせ先 umeda_event@ccc.co.jp
    ホームページ http://www.yoshimiarts.com/home.html,http://www.choemon.com/
会期
時間 7:00~23:00 
場所 北カウンター前 マガジンストリート平台
参加費
申し込み方法
定員
講師/ゲスト
主催 梅田 蔦屋書店
共催・協力 Yoshimi Arts 上出長右衛門窯
問い合わせ先 umeda_event@ccc.co.jp
ホームページ http://www.yoshimiarts.com/home.html,http://www.choemon.com/

石川県能美市で130年以上続く九谷焼窯元の上出長右衛門窯で、6代目にあたる上出惠悟氏は、華やかな色彩を特徴とした一般的な九谷焼とは一線を画す、挑戦的でユーモアあふれる作品を生み出して来ました。
由緒ある窯元の跡継ぎという"縛り"を逆手に取り、「制約の中から自由が生まれる」と実感し、東京藝術大学在学中に制作した白いバナナ「甘蕉」は九谷焼という工芸素材でありながら、現代美術界から高く評価されました。
上出氏の作品は新しいアイデアと斬新なデザインで見るもののハートを釘付けにする魅力にあふれています。
今回はその上出惠悟氏が今注目している熊に焦点をあてた作品の、関西初お目見えのフェアを行います。
熊に関した長右衛門窯職人による制作物や、熊や山の小人形。熊のトートバッグやバッジ、手鏡等をお手に取って頂けるチャンスです。
また、上出惠悟氏が自ら選書した書籍もご紹介いたします。是非、新しいアートと出会いにお越しください。


上出惠悟(かみで・けいご)とは 
1981年、石川県能美市生まれ。東京芸大美術学部絵画科油画専攻卒。 
2006年に実家へ戻り九谷焼窯元「上出長右衛門窯」で製品の企画デザイン、企業との共同制作、新たなブランド開発等の傍ら、個人でも作家活動を続ける等幅広く活動している。
バナナと髑髏をそれぞれ象った「甘蕉 房 色絵梅文」と、「髑髏 お菓子壺 花詰」は2011年、金沢21世紀美術館に収蔵された。

《同時開催》
上出惠悟『熊居樹孔』
会期:2016年6月18日(土)-7月10日(日) 火・水 休
時間:11:00-19:00
会場:Yoshimi Arts
※当店でご覧いただけない上出惠悟氏の新作含む展示