トーク

東北食べる通信編集長・高橋博之
「都市と地方をかきまぜる」発売記念トークイベント

会期 定員 80名
時間 14:30~16:00(14時開場) 講師/ゲスト 高橋博之さん
場所 梅田 蔦屋書店 4thラウンジ 主催 梅田 蔦屋書店
参加費 1500円(税込) 共催・協力 光文社、東北食べる通信
申し込み方法 梅田 蔦屋書店オンラインショッピングもしくは店頭でお申し込みください。 問い合わせ先 umeda_event@ccc.co.jp
    ホームページ http://taberu.me/
会期
時間 14:30~16:00(14時開場)
場所 梅田 蔦屋書店 4thラウンジ
参加費 1500円(税込)
申し込み方法 梅田 蔦屋書店オンラインショッピングもしくは店頭でお申し込みください。
定員 80名
講師/ゲスト 高橋博之さん
主催 梅田 蔦屋書店
共催・協力 光文社、東北食べる通信
問い合わせ先 umeda_event@ccc.co.jp
ホームページ http://taberu.me/
 
イベント申込み

これまで語られていた「地方創生」の問題点は、人口減少、高齢化にあえぎ、消滅の危機に瀕する地方をどうするかがテーマだった。
けれど、都会も、いや、むしろ都会の方がより行き詰まっているのではないだろうか。
一見きらびやかに輝く都会も一皮むけば、人々の生きづらさは増し、生きる力は減退し、限界都市とでも言えるような惨状が表出している。
(光文社新書『都市と地方をかきまぜる』本文より。一部略)

東北の農業や漁業の現場を取材したタブロイド紙と、野菜や魚などの生産物をセットで届ける新しいタイプのメディア「東北食べる通信」。
その名物編集長が、「都市」と「地方」を切り口に、これからの農業・漁業、地域経済、消費のあり方までを語り尽くします。


●高橋博之プロフィール
「東北食べる通信」編集長。
一般社団法人「日本食べる通信リーグ」代表理事。特定非営利活動法人「東北開墾」代表理事。
一九七四年、岩手県花巻市生まれ。
二〇〇六年、岩手県議会議員補欠選挙に無所属で立候補し、初当選。
二〇一一年、岩手県知事選に出馬するも、次点で落選。
その後、二〇一三年に特定非営利活動法人「東北開墾」を立ち上げ、食べ物つき情報誌「東北食べる通信」編集長に就任。
二〇一四年、一般社団法人「日本食べる通信リーグ」を創設。二〇一六年七月現在、全国三四地域の「食べる通信」が刊行されている。
二〇一四年度グッドデザイン金賞受賞。
二〇一六年、日本サービス大賞(地方創生大臣賞)受賞。
同年夏、「一次産業を情報産業に変える」をコンセプトに、農家や漁師から直接、旬の食材を購入できるスマホアプリ「ポケットマルシェ」サービス開始。
東北開墾ホームページ http://kaikon.jp/


【注意事項】
・お座席は自由席で先着順にご入場頂きます。
・紛失等によるチケットの再発行・返品は出来ません。
・会場の飲食は9Fでお買上の商品のみとさせていただいております。
・録音・録画はご遠慮頂いております。
・本イベントはEC、店頭でのご購入の両方でTポイント対象となりますが、ルクアポイントは店頭ご購入の場合のみ対象となります。


※※※ヤフーショッピングでご購入前に必ず下記をご確認ください※※※

1. お支払い方法はクレジットカード決済のみとさせていただきます。
2. お申し込み完了後、梅田 蔦屋書店 ヤフー店よりご案内のメールをお送りいたします。
≪≪メールは即時ではなく、確認にお時間を頂いております。≫≫
そのメールをイベント当日に会場(梅田 蔦屋書店 4thラウンジ)までプリントアウトしてご持参いただくか、携帯電話等でメール受信画面をご提示ください。
※メールがエラーで戻ってきてしまう方がいらっしゃいます。ご登録のアドレスを今一度ご確認頂き、ご購入くださいませ。
3. 定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
4. お客様都合によるキャンセルは承っておりません。あらかじめご了承ください。
5. オンラインストアでの受付は 2016年8月19日(金)まで

イベントのお申し込み

梅田 蔦屋書店 ヤフー店にて、イベントチケットをご購入ください。

ご購入はこちら
ご購入はこちら