フェア・展示

美術家 横尾 忠則フェア

会期 定員
時間 7:00~23:00 講師/ゲスト
場所 北カウンター側 マガジンストリート・アート平台 主催 梅田 蔦屋書店
参加費 共催・協力 アートプラネット・ワイ
申し込み方法 問い合わせ先 梅田 蔦屋書店(06-4799-1800)
    ホームページ
会期
時間 7:00~23:00
場所 北カウンター側 マガジンストリート・アート平台
参加費
申し込み方法
定員
講師/ゲスト
主催 梅田 蔦屋書店
共催・協力 アートプラネット・ワイ
問い合わせ先 梅田 蔦屋書店(06-4799-1800)
ホームページ

今、再び注目を集めている美術家・横尾忠則フェアを開催いたします。

横尾忠則はグラフィックデザイナーとして活動を開始し、独特なイラストとデザイン感にあふれる作風で、企業広告やポスター、ブックデザインなどさまざまな印刷メディアで人々を惹きつけ、『天井桟敷』のポスターや三島由紀夫とのアートワーク、映画出演などで時代の寵児となりました。

さらに版画や絵画、執筆活動など様々な芸術分野で国内外で評価を受け、現在も展覧会をはじめ、神戸や香川県・豊島での美術館開館など精力的に活動を続けています。

この度のフェアでは、これまで出版された横尾氏の作品集や著書、ブックデザインを手がけた書籍に加え、オリジナルグッズを多数展開いたします。
横尾氏の創作活動の中心でもあるポスターの販売を行い、ご希望の方にはサインをお受けいたします。(お渡しは、フェア終了から1ヵ月後です。)

横尾ワールドを存分に感じることのできるフェアにぜひお越しください。

プロフィール


横尾忠則(よこお ただのり)

1936年兵庫県生まれ。美術家。
1972年にニューヨーク近代美術館で個展。
その後もパリ、ヴェネツィア、サンパウロなど各国のビエンナーレに出品。アムステルダムのステデリック美術館、パリのカルティエ財団現代美術館での個展など海外での発表が多く国際的に高い評価を得ており、今後も世界各国の美術家で個展が予定されている。旭日小綬章、朝日賞、高松宮殿下記念世界文化賞など、受賞・受章多数。2012年、神戸に横尾忠則現代美術館開館。2013年、香川県豊島に「豊島横尾館」開館。近著に「言葉を離れる」(講談社エッセイ賞受賞)「千夜一夜日記」「死なないつもり」などがある。