フェア・展示

BABEL ヒグチユウコフェア

会期 定員
時間 7:00~23:00 講師/ゲスト
場所 アートフロア 主催 梅田 蔦屋書店
参加費 共催・協力 Palm maison
申し込み方法 問い合わせ先 梅田 蔦屋書店(06-4799-1800)
    ホームページ
会期
時間 7:00~23:00
場所 アートフロア
参加費
申し込み方法
定員
講師/ゲスト
主催 梅田 蔦屋書店
共催・協力 Palm maison
問い合わせ先 梅田 蔦屋書店(06-4799-1800)
ホームページ

2017年4月18日から、上野・東京都美術館で開催される「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展」に合せ、
ヒグチユウコさんの新作画集『BABEL Higuchi Yuko Artworks』が発売されます。

梅田 蔦屋書店では画集『BABEL Higuchi Yuko Artworks』販売とともにヒグチユウコのBABELグッズの予約販売、
新作タオルハンカチや複製画やグッズを販売いたします。
また、「バベルの塔」展公式ガイドブックをはじめ、ヒグチユウコが敬愛するブリューゲルや
ヒエロニムス・ボスなど奇想の画家たちの不思議な魅力をご紹介する書籍も多数展開いたします。

ヒグチユウコ氏は子どもの頃からブリューゲルの作品やボスのモンスターが大好きで、
今回の画集ではブリューゲルの版画作品などおよそ13点をモチーフにした書き下ろし作品が収録されています。
「本自体が作品」をコンセプトに名久井直子さんがブックデザインを手がけ、印刷や紙、加工、製本に至るまで
すべてにこだわりをもってつくられた一冊です。

圧倒的な緻密さで描かれるヒグチユウコワールドに触れるべく是非お越しくださいませ。


プロフィール


●ヒグチユウコ(ひぐち・ゆうこ)
画家・絵本作家。東京都在住。
個展開催を軸に様々な企業とのコラボレーションなどを経て現在はオリジナルブランド『Gustave higuchiyuko(ギュスターヴ)』を展開中。
書籍には『ふたりのねこ』『ボリス絵日記』(祥伝社)、『せかいいちのねこ』『ギュスターヴくん』(白泉社)、『ヒグチユウコ作品集』
『Museum』『ヒグチユウコ100 POSTCARDS Animals』(グラフィック社)、『すきになったら』(ブロンズ新社)など


●名久井直子(なくい・なおこ)
武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業。
ブックデザイナー。広告代理店勤務を経て、2005年よりフリーランスとして独立。
小説家の長嶋有、柴崎友香、福永信、美術家の法貴信也とブックスゴニングミを結成し同人誌を刊行している。
近年の主な仕事に2012年6月『やりたいことは二度寝だけ』津村記久子(講談社)、2012年6月『小川洋子の偏愛短篇箱』
小川 洋子(河出書房)、2012年4月『バナナ剥きには最適の日』円城塔(早川書房)がある。