フェア・展示

書籍出版記念 マルティナさんの毛糸フェア

会期 定員
時間 7:00~23:00 講師/ゲスト
場所 梅田 蔦屋書店 編み物コーナー 主催 梅田 蔦屋書店
参加費 共催・協力 梅村マルティナ気仙沼FSアトリエ株式会社
申し込み方法 問い合わせ先 梅田 蔦屋書店(06-4799-1800)
    ホームページ http://kfsatelier.co.jp/index.html
会期
時間 7:00~23:00
場所 梅田 蔦屋書店 編み物コーナー
参加費
申し込み方法
定員
講師/ゲスト
主催 梅田 蔦屋書店
共催・協力 梅村マルティナ気仙沼FSアトリエ株式会社
問い合わせ先 梅田 蔦屋書店(06-4799-1800)
ホームページ http://kfsatelier.co.jp/index.html

『しあわせを編む魔法の毛糸』の著者、梅村 マルティナさんの故郷ドイツ生まれの毛糸・Opalの
「マルティナ・オリジナルカラー」シリーズを、梅田 蔦屋書店の手芸のコーナーで展開しています。
今回はマルティナさんが生み出す Opal毛糸の新しい楽しみ方【レリーフ編み】の出版記念として、
新発売のOpal毛糸、レリーフシリーズも販売いたします。
編むことで、しあわせで豊かな気持ちになれる、そんな毛糸です。

東日本大震災があった時、マルティナさんは毛糸二玉と輪針、そして腹巻帽子の編み方説明書をセットにしたものを、
いくつかの避難所に届けてもらいました。
避難所からお礼のお手紙が来て、気仙沼の人達と触れ合ったことをきっかけに、2012年3月、気仙沼に
「梅村マルティナ気仙沼FSアトリエ」という毛糸製品の製造・販売会社を設立しました。
気仙沼FSアトリエの"FS" とは「Friedenssocken」=平和の靴下という意味。
気仙沼からお届けする毛糸とニットにふれていただくことで、みんながしあわせに・・・という願いを込めて、
一歩一歩前に進んでいます。

そんなマルティナさんの思いがこもったマルティナOpal毛糸は、期間限定で梅田 蔦屋書店で出会えます。
Opalで編んだ小物も同時販売しています。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

梅田 蔦屋書店では、11月1日(水)~ 12月25日(月)まで、
「UMEDA TSUTAYA BOOKS CHRISTMAS FAIR 2017 きらめくクリスマス」を開催中!
http://real.tsite.jp/umeda/event/2017/10/christmas2017.html

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


プロフィール


梅村 マルティナ


1987年10月
医学研究者として来日。

1991年4月
京都大学大学院医学研究科入学。1995年3月博士課程修了。

1994年4月
関西ドイツ文化センター京都にてドイツ語講師。(〜2010年3月)

1995年4月
京都外国語大学非常勤講師。(〜2015年3月)

2003年
TAFAによるアフガニスタン支援協力を開始。(〜休止中)

2003年
京都知恩寺手づくり市に出店開始。編物教室を主催。(〜現在)

2011年6月
気仙沼を初訪問。翌7月、「小原木タコちゃんプロジェクト」を立ち上げ。

2012年3月
梅村マルティナ気仙沼FSアトリエ株式会社を設立。

2012年4月
京都市から気仙沼市に住民票移転。