トーク

【マザーハウス】 学生・若手社会人向けイベント “働くとは何だろう?”

会期 定員 80名
時間 19:30~21:30(開場19:00) 講師/ゲスト 司会・スピーカー:
山崎大祐 株式会社マザーハウス取締役
場所 梅田 蔦屋書店 4thラウンジ 主催 株式会社マザーハウス
参加費 ①若手社会人:2,000円(税込)
②学生:1,000円(税込)
共催・協力 梅田 蔦屋書店
申し込み方法 お申し込みはマザーハウス 梅田 蔦屋書店 店頭で受け付けています(店頭では現金でのお支払いに限らせていただきます)。 WEBでのお申込みは、以下URLからお願いいたします。
https://www.mother-house.jp/magazine/event/2650

※会の趣旨上、若手社会人の方は20代に限らせて頂いております。ご了承ください。
※大学生は就活生でなくても参加できますが、あくまで内容は就活生向けとなります。
問い合わせ先 マザーハウス イベント担当
03-4455-7407(平日9:00~18:00)
または、マザーハウス 梅田 蔦屋書店店頭まで。
    ホームページ https://www.mother-house.jp/magazine/event/2650
会期
時間 19:30~21:30(開場19:00)
場所 梅田 蔦屋書店 4thラウンジ
参加費 ①若手社会人:2,000円(税込)
②学生:1,000円(税込)
申し込み方法 お申し込みはマザーハウス 梅田 蔦屋書店 店頭で受け付けています(店頭では現金でのお支払いに限らせていただきます)。 WEBでのお申込みは、以下URLからお願いいたします。
https://www.mother-house.jp/magazine/event/2650

※会の趣旨上、若手社会人の方は20代に限らせて頂いております。ご了承ください。
※大学生は就活生でなくても参加できますが、あくまで内容は就活生向けとなります。
定員 80名
講師/ゲスト 司会・スピーカー:
山崎大祐 株式会社マザーハウス取締役
主催 株式会社マザーハウス
共催・協力 梅田 蔦屋書店
問い合わせ先 マザーハウス イベント担当
03-4455-7407(平日9:00~18:00)
または、マザーハウス 梅田 蔦屋書店店頭まで。
ホームページ https://www.mother-house.jp/magazine/event/2650

学生 vs 若手社会人で公開対談!「"働く"とは何だろう?」

このイベントをホストをつとめていますマザーハウス副社長の山崎です。
昨年、各地で開催して大好評だったイベント「"働く"とは何だろう?」
このイベントは、就職活動している新卒の皆さんと若手社会人の皆さんとで、
「"働く"ということ」を考えてみるイベントです。

様々な場所で、様々な人たちと10年以上働いてきて思うこと。
そして、前職でも今の仕事でも、採用にも関わってきて思うこと。
それは、就職活動をしている皆さんに会社を選ぶ前に
「"働く"とは何だろう?」という問いに向き合ってほしい、ということなのです。
そこで、私たちは一緒に議論する機会をつくることにしました。

それも議論するなら、生の声をぶつけ合いたい。
ということで、参加者は半分は就活を迎える学生さん、そしてもう半分は現役の若手社会人。
山崎がホストを務めさせてもらいながら、一緒に働くことについて考えていきます。

昨年のイベントでも、
大企業とベンチャー、働き方はどう違うの?
働きはじめたら、社会的な問題意識を維持するのは難しい?
採用側は、就活生の何を見ようとしているの?
などなどの論点から議論が盛り上がりました。

そして、参加された学生の皆さんからは、
「自分の就職を考えるうえで、『働く意味』という根源について考えさせられました」
「いわゆる就活セミナーで話されるロールモデルじゃなく、正解を自分の中に見つけさせるコンテンツで大変有意義でした」
若手社会人の皆さんからは、
「積極的に動きながら自分の価値観を発見し、磨いていきたいと改めて思った」
「学生の時に聞いておきたかったことを、学生の皆に伝えられた」
などの声を頂きました。

学生の方は社会人の先輩からのリアルな話を通して、
そして、社会人の方は学生の時の新鮮な気持ちを思い出しながら、
一緒に「"働く"とはなんだろう?」を考えてみませんか?

皆さんの参加をお待ちしております。
(会の趣旨上、若手社会人の方は20代の方に限らせて頂いております。ご了承ください)
(大学生は就活生でなくても参加できますが、あくまで内容は就活生向けとなります。)

主なプログラム
・「"働く"とは何だろう?」をテーマにしたパネルディスカッション
・マザーハウススタッフが代表して「働く価値観曲線」発表
・みなさんからの「"働く"とは何だろう?」大質問大会
・グループディスカッション

こういう方に来てほしい!
・会社探しの前に、"働く"ことがイメージできないひと
・会社説明会で情報はたくさん受け取ったけど、判断基準が見えないひと
・自分の働くイメージを確認するためにも、色々な人の意見を聞いてみたいひと
・"働く"ことについて悩んでいるひと


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

梅田 蔦屋書店では、2月15日(木)~ 2月28日(水)まで、
これから働く人、いま働く人にむけて「Hello Work Style 2018」を開催!
http://real.tsite.jp/umeda/event/2018/01/hws2018.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


プロフィール


山崎 大祐(やまざき・だいすけ)

マザーハウス副社長。1980年東京生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。
大学在学中にベトナムでストリートチルドレンのドキュメンタリーを撮影したことをきっかけに、
途上国の貧困・開発問題に興味を持つ。2003年、ゴールドマン・サックス証券に入社。
エコノミストとして、日本およびアジア経済の分析・調査・研究や各投資家への金融商品の提案を行う。
2007年3月、同社を退社。大学時代の竹中平蔵ゼミの1年後輩だった山口絵理子が始めたマザーハウスの経営への参画を決意し、
同年7月に副社長に就任。マーケティング・生産の両サイドを管理する。マザーハウスは途上国でバッグやジュエリーを生産。
国内26店舗、香港および台湾7店舗で販売している(2018年1月現在)。


注意事項


※会の趣旨上、若手社会人の方は20代に限らせて頂いております。ご了承ください。

※大学生は就活生でなくても参加できますが、あくまで内容は就活生向けとなります。

・お座席は自由席です。会場にお越しの順にお入りいただきます。
・お待ちいただくスペースがないため、開場時間にお越しください。
・会場でのご飲食は9Fでお買上げの商品のみとさせていただいております。
・録音、録画はご遠慮頂いております。