トーク

竹之内祐幸『The Fourth Wall』発売記念 トーク&サイン会

会期 定員 20名
時間 14:00~16:00(開場13:30) 講師/ゲスト 竹之内祐幸
(モデレーター:梅田 蔦屋書店・片岡)
場所 梅田 蔦屋書店 会議室Shimei 主催 梅田 蔦屋書店
参加費 1,000円(税込) 共催・協力 T&M Projects
申し込み方法 梅田 蔦屋書店オンラインショッピングもしくは店頭にてお申し込みください。
※オンラインショッピングでは決済のみとなりチケットの発送はございません。 イベント当日にお渡しします。
問い合わせ先 umeda_event@ccc.co.jp
    ホームページ
会期
時間 14:00~16:00(開場13:30)
場所 梅田 蔦屋書店 会議室Shimei
参加費 1,000円(税込)
申し込み方法 梅田 蔦屋書店オンラインショッピングもしくは店頭にてお申し込みください。
※オンラインショッピングでは決済のみとなりチケットの発送はございません。 イベント当日にお渡しします。
定員 20名
講師/ゲスト 竹之内祐幸
(モデレーター:梅田 蔦屋書店・片岡)
主催 梅田 蔦屋書店
共催・協力 T&M Projects
問い合わせ先 umeda_event@ccc.co.jp
ホームページ
 
イベント申込み

2017年は3度の展覧会の開催に、2冊の写真集を出版するなど、精力的に活動をしている写真家・竹之内祐幸。

竹之内氏は身の回りの何気ない日常、花などの自然、小動物などに真っ直ぐな視線を向けて写真を撮影してきました。
多様性とは何か、不自然さとは何かを問いかけ、物事の奥に潜む本質を露わにしようとしています。

大阪での初めてのトークでは、写真展・写真集制作について、今後の写真家としての活動についてもお話していただきます。

これから作品展や写真集を手がける人たちにとっても大いに参考になるかもしれません。ぜひ足をお運びください。


プロフィール


self_takenouchi.jpg竹之内祐幸 (たけのうち・ひろゆき)

1982年、東京生まれ。2008年に日本大学芸術学部写真学科卒業。
第31回キヤノン写真新世紀佳作受賞。2009年、塩竈フォトフェスティバル特別賞受賞。
「もうひとつの視点」をテーマに日常の光景をスナップしながら、
違和感や不自然さの存在をあぶり出している。多数の個展・グループ展に参加。
写真集に『Things will get better over time』FUJITA(2017)、
『The Fourth Wall/第四の壁』T&M Projects(2017)。




注意事項


・お座席は自由席です。会場にお越しの順にお入りいただきます。
・お待ちいただくスペースがないため、開場時間にお越しください。
・会場でのご飲食は9Fでお買上げの商品のみとさせていただいております。
・録音、録画はご遠慮頂いております。
・本イベントはEC、店頭でのご購入の両方でTポイント対象となりますが、ルクアポイントは店頭ご購入の場合のみ対象となります。

※※※オンラインショッピングでのご購入前に必ず下記をご確認ください※※※

1. お支払い方法はクレジットカード決済のみとさせていただきます。
2. お申し込み完了後、梅田 蔦屋書店 ヤフー店よりご案内のメールをお送りいたします。
≪≪メールは即時ではなく、確認にお時間を頂いております。≫≫
そのメールをイベント当日に会場(梅田 蔦屋書店 会議室Shimei)までプリントアウトしてご持参いただくか、携帯電話等でメール受信画面をご提示ください。
※メールがエラーで戻ってきてしまう方がいらっしゃいます。ご登録のアドレスを今一度ご確認頂き、ご購入くださいませ。
3. 定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
4. お客様都合によるキャンセルは承っておりません。あらかじめご了承ください。
5. オンラインストアでの受付は 2018年3月16日(水)まで

イベントのお申し込み

梅田 蔦屋書店 ヤフー店にて、イベントチケットをご購入ください。

ご購入はこちら
ご購入はこちら