フェア・展示

ピーロート 蔵元直送ワイン無料テイスティング会

会期 定員
時間 11:00~20:00 講師/ゲスト
場所 梅田 蔦屋書店 ガーデンラウンジ 主催 PIEROTH JAPAN K.K
参加費 無料 共催・協力 梅田 蔦屋書店
申し込み方法 直接会場にお越し下さい。
20歳以上の年齢であることを確認できない場合には、入場やテイスティングをお断りさせていただきます。
問い合わせ先 梅田 蔦屋書店(06-4799-1800)
    ホームページ http://www.pieroth.jp/
会期
時間 11:00~20:00
場所 梅田 蔦屋書店 ガーデンラウンジ
参加費 無料
申し込み方法 直接会場にお越し下さい。
20歳以上の年齢であることを確認できない場合には、入場やテイスティングをお断りさせていただきます。
定員
講師/ゲスト
主催 PIEROTH JAPAN K.K
共催・協力 梅田 蔦屋書店
問い合わせ先 梅田 蔦屋書店(06-4799-1800)
ホームページ http://www.pieroth.jp/

普段店頭には並ばない特別なワインの無料テイスティング会を開催いたします!


お好みのワインをテイスティングしながら貴方のお好みや、好きな料理に合うワインをソムリエがご紹介いたします。
当日お持ち帰りはいたしかねますが、後日配送のご予約を承っております。またとない機会ですのでお気軽に無料試飲会にご参加下さい。


ピーロートとは


ドイツで300年以上にわたるワインのエキスパートピーロート家は、その公認のルーツをハインリッヒ・ピーロートに遡り、彼は1675年にストロンベルク村で投票をしたと記録に残っています。1704年に、ハインリッヒ・ヤコブ・ピーロート-は、シェーンブルクで葡萄栽培者として記され、1731年には、それ以来ピーロートスタンハウスとなった敷地をブルク・ライエンに獲得したのです。1905年、フェルディナンド・ピーロートは、彼のビジネスの主要な源が、ワイン生産になったことを発表しました。

1926年に、フィリップ・フェルディナンド・ピーロートは、ワインを業界にバルクで販売すること(その頃は慣習的に行われていました。)を止めたのです。それにかわり、初めて"エステイトボトル"のワインを生産し、そのワインをデュイスブルクの顧客へ販売しました。1928年には、その他農業関係のビジネスを打ち切りました。

1930年、彼のピーロートロゴが創作されました。1953年、若い世代のエルマ&クノ・ピーロートは、ポテンシャルを持つ新規の御客様に"ピーロート・ホーム・ワイン・テイスティング"を提供し始めました。その頃、このテイスティング方式は、保守的なワイン業界において"消費者革命"だったのです。初めて、御客様に、御自宅で、まず試飲をし、御好みのワインを選択して頂くことを可能にしました。ワインを選ぶ為に、わざわざ遠くの様々なワイナリーに出かけ、よく知らないワインを買うということがなくなったわけです。既に1959年には、会社はその国境を越え、徐々に主なヨーロッパ諸国へ支社を設立していきました。1969年、最初の海外支社が日本に設立され、1975年、ピーロート社300周年記念の際、愛するナーエワインを、他のより知られたライン&モーゼルワインと区別するために、現在では有名になった"ピーロート・ブルー・ボトル"を創作しました。