フェア・展示

Saul Leiter's History ― 私の人生 ―

会期 定員
時間 7:00~23:00 講師/ゲスト
場所 梅田 蔦屋書店 ガーデンラウンジステージ 主催 梅田 蔦屋書店
参加費 無料 共催・協力 twelvebooks
コンタクト
青幻舎
申し込み方法 問い合わせ先 梅田 蔦屋書店(06-4799-1800)
    ホームページ
会期
時間 7:00~23:00
場所 梅田 蔦屋書店 ガーデンラウンジステージ
参加費 無料
申し込み方法
定員
講師/ゲスト
主催 梅田 蔦屋書店
共催・協力 twelvebooks
コンタクト
青幻舎
問い合わせ先 梅田 蔦屋書店(06-4799-1800)
ホームページ

 2015年に日本で公開されたドキュメンタリー映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』や、伊丹市立美術館にて開催中の大規模展(~5月20日迄)でも広く知られることとなった写真家、ソール・ライター。


 彼は、1950年代からニューヨークで『Harper's Bazaar』や『Vogue』などのファッション・カメラマンとして活躍しましたが、80年代には商業写真から退き、世間から姿を消します。しかし2006年、ドイツのシュタイデル社から出版された写真集『Early Color』(現在は品切れ)をきっかけに再び脚光を浴び、世界的なセンセーションを巻き起こしました。


 今回のフェアでは、そのソール・ライターの部屋を撮影した写真家であるフランソワ・アラールの作品や写真集を中心に、ソール・ライターの写真集はもちろん、彼の愛したモノたちや、同時代に生きた写真家たちのまなざしも併せてご紹介いたします。
 

私はかまえることなく世界をただ見つめただけだ。 
I simply looked at the world, not really prepared for anything.
ソール・ライター

関連展示・フェア

■「ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展」
4月7日(土)〜5月20日(日)|伊丹市立美術館

■Saul Leiter by François Halard/フランソワ・アラール写真展「Saul Leiter」
2018年4月27日(金)〜5月8日(火)|gallery 176

■フランソワ・アラール写真展「Saul Leiter」
4月7日(土)〜4月23日(月) |archipelago(兵庫県篠山市)