フェア・展示

bonsai innovation KADAN×DRY BONSAI ®

会期 定員
時間 7:00~23:00 講師/ゲスト
場所 ガーデンラウンジ ステージ 主催 梅田 蔦屋書店
参加費 共催・協力 株式会社 日比谷花壇
有限会社ボンサイアート
申し込み方法 問い合わせ先 梅田 蔦屋書店(06-4799-1800)
    ホームページ https://dry-bonsai.com/
会期
時間 7:00~23:00
場所 ガーデンラウンジ ステージ
参加費
申し込み方法
定員
講師/ゲスト
主催 梅田 蔦屋書店
共催・協力 株式会社 日比谷花壇
有限会社ボンサイアート
問い合わせ先 梅田 蔦屋書店(06-4799-1800)
ホームページ https://dry-bonsai.com/

次世代の盆栽といわれているDRY BONSAI®。
大阪万博では日本古来の伝統的な盆栽が世界中に紹介され現在の盆栽人気のきっかけに成りました。
2020年の東京五輪の頃には 新しい盆栽、 KADAN×DRY BONSAI ® が世界のトレンドに成ります。


『KADAN×DRY BONSAI ®』
最大、最先端のフラワーカンパニー、日比谷花壇とのコラボレーションが8月にスタート。
今秋にはプレスリリース予定で日比谷公園、帝国ホテルで先行展示され、
日比谷、銀座、丸の内のオフィスや商業施設のかたがたにも注目され始めました。
トップフラワーデザイナーの人気作品が梅田 蔦屋書店に特別展示されます。
アーティステイックで最先端の KADAN×DRY BONSAI ® を目の前で御覧ください。


『DRY BONSAI®』
日本発のグローバルブランドとして2018年6月に正式に誕生しました。
2016年、東京のギャラリーでコンセプトが発表され今やウィキペデイアにも掲載されています。
今秋から上海、スイスでグローバル展開され、海外に先駆けて梅田 蔦屋書店での期間限定展示と成りました。
メンテナンスフリーの今までに無かったアートな盆栽。世界が注目する新しいBONSAIを
インテリアとして生活に取り入れみてはいかがでしょうか。

フェア期間中の土・日は作家が在店いたします。

プロフィール


藤田 茂男(フジタ シゲオ)
ボンサイ・アーティスト
24歳の時に渡米したフロリダ・ディズニーワールドでJapanPavilionの盆栽セクションを担当し帰国後、盆栽業を始める。
独自で日本の盆栽技術、マーケットを学び、1992年原宿で盆栽ショップをオープン。
現在のミニ盆栽ブームの先駆けと成る。
2001年には東京・恵比寿に盆栽BARをオープンし、盆栽の新たな可能性を発信し、文化人の集まる話題のBARと成る。
以後常に新しい盆栽のスタイルを提案し続け、2016年に世界に先駆けてDRY BONSAI®を発表。
東京のギャラリーで注目され、HIBIYA KADANとのコラボレーションがスタート。
今秋からはDRY BONSAI®を上海、スイスでグローバルブランドとして展開する。

岩井泰樹(イワイヤスキ)
日比谷花壇デザイナー グリーンコーディネーター
花の生態、育成、栽培の分野に造詣が深く、植生を鑑みたデザインワークが身上。
得意分野は多岐にわたり、多彩な表現力で日常・非日常を違えず、さまざまな空間に調和する造形で、植物のあるライフスタイルを提案している。

服部久美子(ハットリクミコ)
日比谷花壇デザイナー
長年 日比谷花壇にてフラワーアレンジ講師を勤めながら、スクール運営に従事。色彩について造詣が深く、関連講義の実績も多数あり。近年は法人向けギフトのプロモーションをはじめ、装飾の提案から制作まで活躍の場をさらに広げる。