トーク

第1回 はじめての海外文学スペシャル in 大阪

会期 定員 80名
時間 17:00~19:00(開場16:30) 講師/ゲスト 越前敏弥
小竹 由美子
芹澤 恵
田中 亜希子
夏目大
古市 真由美
吉澤 康子
和爾 桃子
場所 梅田 蔦屋書店 4thラウンジ 主催 梅田 蔦屋書店
参加費 1,000円(税込) 共催・協力
申し込み方法 梅田 蔦屋書店オンラインショッピングまたは店頭にてお申し込みください。 ※オンラインショッピングでは決済のみとなり、チケットの発送はございません。 イベント当日にお渡しします。 問い合わせ先 umeda_event@ccc.co.jp
    ホームページ
会期
時間 17:00~19:00(開場16:30)
場所 梅田 蔦屋書店 4thラウンジ
参加費 1,000円(税込)
申し込み方法 梅田 蔦屋書店オンラインショッピングまたは店頭にてお申し込みください。 ※オンラインショッピングでは決済のみとなり、チケットの発送はございません。 イベント当日にお渡しします。
定員 80名
講師/ゲスト 越前敏弥
小竹 由美子
芹澤 恵
田中 亜希子
夏目大
古市 真由美
吉澤 康子
和爾 桃子
主催 梅田 蔦屋書店
共催・協力
問い合わせ先 umeda_event@ccc.co.jp
ホームページ
 
イベント申込み

「はじめての海外文学」フェアは、日本中の書店店舗が協力し、お薦めの海外作品をいっせいに売っていく壮大な試みです。今年も11月から第4回フェアが各書店で展開されます。今回も大人向け、子供向けの両部門で開催され、選書メンバーの翻訳者は、合わせて68名。そのなかの有志多数がそれぞれのお薦め本を全力で紹介するトークイベント「はじめての海外文学スペシャル」を大阪でも開催することになりました。ぜひご参加ください。

 フェアやスペシャルを主催する事務局は、翻訳者や一般の海外文学ファン、書店・出版社・取次の関係者など10数名による有志で構成され、全員が手弁当で参加しています。どうぞご理解のうえ、海外文学や翻訳書をあまり読んでいない人にもお声をかけていただけるとありがたいです。参加を希望なさるかたはぜひお早めにお申しこみください。

プロフィール

越前 敏弥(えちぜん・としや)
文芸翻訳者。1961年生まれ。
訳書に『オリジン』『ダ・ヴィンチ・コード』『Yの悲劇』(以上、KADOKAWA)、『解錠師』(早川書房)、『夜の真義を』(文藝春秋)、『世界文学大図鑑』(三省堂)、『おやすみ、リリー』(ハーパー・コリンズ・ジャパン)など。著書に『翻訳百景』(KADOKAWA)、『文芸翻訳教室』(研究社)、『越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文』(ディスカヴァー)など。

小竹 由美子(こたけ・ゆみこ)
文芸翻訳者。
訳書に『イラクサ』『アンネ・フランクについて語るときに僕たちの語ること』『屋根裏の仏さま』(共訳)『神秘大通り』(以上、新潮社)、『イエメンで鮭釣りを』『わかっていただけますかねえ』(以上、白水社)、『あのころ、天皇は神だった』(フィルムアート社)、『ブルーバック』(さ・え・ら書房)、『マイ・ベスト・フレンド』(童話館)など。

芹澤 恵(せりざわ・めぐみ)
文芸翻訳者。
訳書にフロスト警部シリーズ、『地球の中心までトンネルを掘る』(以上、東京創元社)、『ハオスフラウ』『密林の夢』(以上、早川書房)、『一ドルの価値/賢者の贈り物 他21編』『はた迷惑な人々 サーバー短編集』(以上、光文社古典新訳文庫)、『フランケンシュタイン』(新潮社)、『世界を変えた100人の女の子の物語』(河出書房新社)など。

田中 亜希子(たなか・あきこ)
文芸翻訳者。
訳書に絵本『コッケモーモー!』(徳間書店)、『ぼくはアイスクリーム博士』(西村書店)、児童読み物「ひみつの妖精ハウス」シリーズ(ポプラ社)、『ペンギンは、ぼくのネコ』(徳間書店)、YA『僕らの事情。』(求龍堂)、「魔使い」シリーズ(東京創元社)、『迷子のアリたち』『炎に恋した少女』(以上、小学館)など。

夏目大(なつめ・だい)
翻訳家。訳書に『6時27分発の電車に乗って、僕は本を読む』『ゴビ 僕と125キロを走った、奇跡の犬』(いずれもハーパーコリンズ・ジャパン)、『タコの心身問題』(みすず書房)、『あなたの人生の意味』『あなたの人生の意味』『リベラル再生宣言』(いずれも早川書房)、『脳はいいかげんにできている』(河出書房新社)、『タイムトラベル』(柏書房)など。

古市 真由美(ふるいち・まゆみ)
フィンランド語翻訳者。
訳書に『四人の交差点』(新潮クレスト・ブックス)、『処刑の丘』(東京創元社)、『殺人者の顔をした男』(集英社文庫)、『暗やみの中のきらめき 点字をつくったルイ・ブライユ』(汐文社)、『ふしぎの花園 シスターランド』(西村書店)など。共著に『多文化に出会うブックガイド』(読書工房)など。

吉澤 康子(よしざわ・やすこ)
文芸翻訳者。
訳書に、エリザベス・ウェイン『コードネーム・ヴェリティ』『ローズ・アンダーファイア』、アン・ペリー『偽証裁判』(以上、東京創元社)、アナベル・ピッチャー『ケチャップ・シンドローム』(早川書房)、オー・ヘンリー『新訳 賢者の贈物・最後のひと葉』(共訳・角川つばさ文庫)、『カリフォルニア・ブルー』(新潮社)、『トップモデル』(文藝春秋)など。

和爾 桃子(わに・ももこ)
翻訳者。
主な訳書:モリアーティ『ささやかで大きな嘘』『死後開封のこと』、カー『蝋人形館の殺人』『夜歩く』『髑髏城』『絞首台の謎』(東京創元社)、サキ『クローヴィス物語』『けだものと超けだもの』『平和の玩具』『四角い卵』(白水社)、ファン・ヒューリック「ディー判事シリーズ」(早川書房)、共訳:ジョン・コリア『ナツメグの味』(河出書房新社)など。

注意事項

・お座席は自由席で先着順にご入場頂きます。
・紛失等によるチケットの再発行・返品は出来ません。
・会場の飲食は9Fでお買上の商品のみとさせていただいております。
・録音・録画はご遠慮頂いております。

※※※オンラインショッピングでのご購入前に必ず下記をご確認ください※※※


1. お支払い方法はクレジットカード決済のみとさせていただきます。
2. お申し込み完了後、梅田 蔦屋書店よりご案内のメールをお送りいたします。
≪≪メールは即時ではなく、確認にお時間を頂いております。≫≫
そのメールをイベント当日に会場(梅田 蔦屋書店 4thラウンジ)までプリントアウトしてご持参いただくか、携帯電話等でメール受信画面をご提示ください。
※メールがエラーで戻ってきてしまう方がいらっしゃいます。ご登録のアドレスを今一度ご確認頂き、ご購入くださいませ。
3. 定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
4. お客様都合によるキャンセルは承っておりません。あらかじめご了承ください。
5. オンラインストアでの受付は 2019年1月25日(金)まで。

イベントのお申し込み

梅田 蔦屋書店 ヤフー店にて、イベントチケットをご購入ください。

ご購入はこちら
ご購入はこちら