フェア・展示

“いつもの旅行ガイド”に飽きた人へ 
あわせて読みたい 帝国書院×平凡社フェア

会期 定員
時間 8:00~22:00 講師/ゲスト
場所 1号館1階 湘南 蔦屋書店 旅行コーナー 主催 湘南 蔦屋書店
参加費 共催・協力 帝国書院
平凡社
申し込み方法 問い合わせ先 湘南 蔦屋書店 0466-31-1510(代表)
    ホームページ
会期
時間 8:00~22:00
場所 1号館1階 湘南 蔦屋書店 旅行コーナー
参加費
申し込み方法
定員
講師/ゲスト
主催 湘南 蔦屋書店
共催・協力 帝国書院
平凡社
問い合わせ先 湘南 蔦屋書店 0466-31-1510(代表)
ホームページ

旅行ガイドを眺めて有名観光地を訪ねるのも楽しいけど...
「いつもの旅行にもう一つ味つけしたい」「もう一つ深みを持たせたい」
そんな方に、帝国書院の定番書「旅に出たくなる地図シリーズ」の8つの書目に合わせて、
旅を深める一冊を平凡社の刊行物から選書しました。秋の夜長にぜひお楽しみください!


旅に出たくなる地図 日本
~心いやされる日本の旅へ。ページをめくれば、旅に出たくなる地図帳!~

<あわせて読みたい(一例)>
『日本木造駅舎の旅100選』
重要文化財の門司港、東京駅を建てた辰野金吾が設計した
浜寺公園、宗谷本線の抜海など、現役の全国100駅を訪ねる。

『作家の旅』
林芙美子のパリ日記、澁澤龍彦のフローラの旅、小泉八雲の松江、
山頭火の漂泊など、15人の密やかな旅のスタイル。


旅に出たくなる地図 世界
~心うきたつ世界の旅へ。主要な都市図を多数掲載、旅行のプランづくりや振り返りに最適!~

<あわせて読みたい(一例)>
『スペイン 美・食の旅 バスク&ナバーラ』
スペイン北部、フランスとの国境を挟んで広がるバスク地方。
世界から注目される「美」と「食」を追いかけてヨーロッパの異郷を訪ねる。

『世界の国名地名うんちく大全』
世界の国名・地名にまつわる"目からうろこ"の情報満載!
さあ、地名雑学の世界へ! 間違いだらけの外国地名とおもしろ情報満載。


地図で訪ねる歴史の舞台 日本
~これが歴史の大舞台だ! 現在の地図に歴史的事項を重ねた現在と昔との行き来を楽しめる!~

<あわせて読みたい(一例)>
『長崎の教会』(写真集)
人気女性写真家・白井綾が、長崎市内や外海地方などの教会の、
ひそやかなたたずまいを描きだした作品集/ガイドブック。

太陽の地図帖29『広重「名所江戸百景」の旅』
江戸を代表する浮世絵師広重の傑作「名所江戸百景」全119点が描かれた舞台を、
写真と地図で解説!


地図で訪ねる歴史の舞台 世界
~現在の地図に歴史的事項を重ねた世界史のロマンを感じられる、旅への好奇心が湧いてくる!~

<あわせて読みたい(一例)>
『洒落者たちのイギリス史』
ファッションという日常・具体的な視点から近代英国社会の全体像を浮き彫りにする。

『東方見聞録1・2』
弱冠15歳で故郷ヴェネチアを出発し、四半世紀を東方で過ごした
マルコ・ポーロによる不朽の名作の完訳版、ライブラリー版で登場。


食の地図
~読んで楽しい、訪ねて味わう! 日本各地の郷土料理や食材などを県ごとに紹介!~

<あわせて読みたい(一例)>
『幸田文台所帖』
父・露伴にきたえられた家庭料理のしあわせ。
台所が人を育ててくれるという幸田文の、たべものの知恵と心意気が伝わる。

『あのメニューが生まれた店』
ハヤシライスなど、ふだんよく食べているメニューは、
いつ、どんな店で生まれたのか?丹念な取材をもとにルーツを探った60余の物語。


花の旅へ さそう地図
~その土地ならではの風土が育んだ花や紅葉の名所、四季折々のみどころを県別地図や特集で紹介!~

<あわせて読みたい(一例)>
『日本の歳時記』
新年から春夏秋冬の日本人の暮らしを、時候、行事、祭り、自然など、
彩り豊かな季語を通して味わい楽しむ。

『花にもの思う春』
独自の視点で古典文学・美術を読み解いている著者が、
『新古今和歌集』の成立と、定家、西行など代表的歌人の人間像を探る。


地図でめぐる神社とお寺
~日本各地の有名な神社やお寺のみどころを県別地図で紹介。一度は訪ねたい寺社がこの一冊に!~

<あわせて読みたい(一例)>
『運慶と鎌倉仏像』
運慶仏への篤い信仰をはじめ、その背景にある信仰を解き明かしながら
この地の仏像を「巡礼」し、鎌倉文化圏における仏教文化に迫る。

太陽の地図帖『日本の秘仏を旅する』
普段は扉の中に安置され、限られた日に拝観が許される"秘仏"を求め、旅をする。
みうらじゅんの秘仏開帳ルポも掲載。


歌がつむぐ 日本の地図
~民謡・童謡・唱歌から歌謡曲・J-POPまで、全国各地ゆかりの歌を県別に一望できる。懐かしの名曲があなたの旅心を誘う!~

<あわせて読みたい(一例)>
『日本の音』
わらべうたから芸術音楽、はたまた世界各地の音を訪ね求めた民族音楽学者が、
日本の音の世界へと誘う。

別冊太陽122『金子みすゞ』
宝石のように美しい言葉を残した幻の童謡詩人金子みすゞ。
生誕100年を記念し、彼女の生涯と作品世界を結実させた保存版。